ウェットマーケットに行けば あなたもさらにシンガポールを楽しめる@ノベナ

シンガポール 生活
ナナフシ
ナナフシ

ノベナにあるウェットマーケットをご存じですか?

この記事では、ノベナにあるウェットマーケット「Whampoa Wet Market」を紹介します。

明るく開放感があるウェットマーケットで、週末に行ったらとてもにぎわっていました。

市場を散策しているとシンガポールの地元民になったような気分を味わえるので、地元民の暮らしをのぞいてみたい旅行者にもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェットマーケットとは

ナナフシ
ナナフシ

「ウェットマーケット」は肉や魚、野菜を取り扱う生鮮市場のことです。

多くは早朝から昼頃にかけて営業し、生鮮食品を買い求める地元民でにぎわいます。

観光の合間に立ち寄れば、近代的な都市国家のイメージとは違う、地元民の生活を垣間見ることができます。

ノベナにあるウェットマーケットWhampoa Wet Market

Whampoa Wet Marketは、MRTのノベナ駅から見て北東側のバレスティアにあります。

Whampoa Food Centreの一部Whampoa Wet Marketになっており、Whampoa Food Centreは、下のように大きく3つのエリア(建物)に分かれています。

Whampoa Wet Market はこんな方におすすめ

  • 観光地ではなく、地元民の生活が垣間見えるところに行きたい旅行者
  • バレスティアロード沿いのホテルに泊まる旅行者
  • ノベナでウェットマーケットを探している在住者

スポンサーリンク

Whampoa Wet Marketの各売り場を紹介

Whampoa Wet Marketにある店の種類は大きく分けると下のようなラインアップです。

  • 魚売り場
  • 肉売り場
  • 野菜売り場
  • その他(漢方、卵、服、鍵、花屋など)

この中からいくつかピックアップしてご紹介していきます。

魚売り場

ウェットマーケットで、個人的に一番好きなコーナーが魚売り場です。

日本では水族館の熱帯コーナーで見るような、

  • ハタ
  • ブダイ

のような色とりどりの魚に加えて

  • エイ
  • マナガツオ

や、1匹まるごとのサーモンなど日本の魚屋では見ないような魚が売られています。

肉売り場

肉売り場は、豚肉、鶏肉など種類ごとに店が分かれています。

こちらは豚肉の店。

基本は量り売りです。

こちらは、鶏肉の店。

鶏が頭付きで丸ごと売られていたり、脚が大量に積まれていたりと、始めは衝撃を受ける人もいるかもしれませんが、慣れます。

ニワトリのほかに、鴨肉を売っている場合もあります。

スポンサーリンク

野菜売り場

野菜売り場を見るのも結構好きです。

ウェットマーケットには、日本では見かけないような野菜もたくさん売られています。

いくつかの店があるのですが、混んでいる店と空いている店がありました。

値段の違いでしょうか。

熱帯魚屋

野菜売り場の一角になぜか熱帯魚売り場が、、、

魚屋ではありません。観賞魚です。

スポンサーリンク

卵屋

卵を専門に売っている店もありました。

日本ではこういった個人商店が淘汰されていく中、シンガポールでは卵一本で商売が成立するのですね。

醸豆腐(ヨントーフ)の具材屋

シンガポールには、「ヨントーフ」という日本のおでんのような優しい味のローカル料理があります。

ヨントーフに入れる練り物などを取り扱う専門店です。

花屋

日本ではランは高級品のイメージですが、シンガポールでは手軽に買える値段で売られており、種類も豊富です。

漢方の店

こちらは漢方の店です。

中華系の文化が色濃いシンガポールでは、漢方の材料を扱う店が街の至るところにあります。

薬膳スープの材料などをここで買えます。

スポンサーリンク

トイレは有料(10セント)

このマーケットのトイレの利用は有料で、10セントかかります。

入り口横のカウンターにいる係員に支払います。

営業時間

基本は午前中のみの営業で、営業時間は店によってバラバラです。

私が訪問した週末は、12時前になると多くの生鮮系の店がすでに片づけをしていました。

閉店が近づくと品薄になるので、早めに行ったほうが楽しめますよ。

15時頃にはこの通り、生鮮以外も含めてほぼすべての店が閉まります

Whampoa Wet Market へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

<最寄りのバス停「Opp Balestier Point」または「Opp Blk 104」に停まるバス>

21, 124, 125, 130, 131, 139, 145, 186

オーチャード、ブギスなどからバス1本でアクセスできます。

<所要時間>

  • オーチャードから約20分
  • ブギスから約25分

ちなみに最寄りのMRT駅は下の2駅ですが、最寄りなだけで近くありません。

駅から歩く場合は、ちょっと気合いがいります。

  • ノベナ駅(Novena)/ 赤色ライン(North South Line)から徒歩20分
  • ブーンケン駅(Boon Keng)/紫色ライン(North East Line)から徒歩15分

車でのアクセス

都心から近いので、タクシーでさくっと移動するのもオススメです。

<所要時間>

  • オーチャードから約10分
  • ブギスから約10分

まとめ

  • ウェットマーケットは、肉や魚、野菜を取り扱う生鮮市場
  • Whampoa Wet Marketは、ノベナバレスティアにある
  • Whampoa Wet Marketは、Whampoa Food Centreの一部
  • Whampoa Wet Marketはこんな方におすすめ
    • 観光地ではなく、地元民の生活が垣間見えるところに行きたい旅行者
    • バレスティアロード沿いのホテルに泊まる旅行者
    • ノベナでウェットマーケットを探している在住者
  • 営業は、基本午前のみ。店によってバラバラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました