古き良き時代のシンガポールが残るバレスティアでローカルグルメを楽しむ

ワンポアフードセンターの薬膳スープシンガポール グルメ

ナナフシ
ナナフシ

バレスティアWhampoa Food Centreにある午後限定ホーカーに行ってきました

Whampoa Food Centre は、バレスティアにあるローカル感あふれるホーカー(屋台村)です。

この記事を読むと次のことがわかります。

  • バレスティアについて
  • ホーカーとは?
  • バレスティアのホーカーの雰囲気
  • おすすめローカルグルメ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレスティアは古き良きシンガポールの面影が残る街

「バレスティア(Balestier)」は、ノベナの北東、バレスティアロード(Balestier Road)沿いにあるエリアです。

ここには、近代的な都市国家になる前のシンガポールの面影が今も残り、ノスタルジックな街です。

郊外の雰囲気にもかかわらず、都心のオーチャードから車で10分とアクセス良好。

バレスティアには、手ごろな価格のホテルが十数軒あります。

その中では、バリュー ホテルバレスティア (Value Hotel Balestier)が有名です。

バレスティアからは、

  • リトルインディア
  • チャイナタウン
  • ブギス
  • オーチャード

など、主要観光地にバスで簡単にアクセスできます。

そのため、予算を抑えたい観光客の宿としても、悪くないエリアです。

ホーカーとは、世界文化遺産にもなった「屋台村」のこと

「ホーカー」とは、小さな店舗が軒を連ねる「屋台村」のことです。

多民族国家のシンガポールらしく、

  • 中華系
  • マレー系
  • インド系
  • 西洋
  • スイーツ
  • フレッシュジュース

など、様々な料理を安価に楽しめます。

バレスティアでローカルグルメを楽しむ

この記事では、バレスティアにある午後限定のホーカー「ワンポア ドライブ ブロック90(Whampoa Drive Block 90)」を紹介します。

このワンポワドライブブロック90は、バレスティアにあるWhampoa Food Centreの一部です。

「Whampoa Food Centre」はこんな方におすすめです。

  • 観光客向けホーカーではなく、生活感のあるホーカーに行きたい旅行者
  • バレスティアロード沿いのホテルに泊まる旅行者
  • ノベナでホーカーを探している在住者

Whampoa Food Centreは大きく3つのエリア(建物)に分かれています。

午後だけオープンするWhampoa Drive Block 90

こちらがWhampoa Food Centre の Block 90 にある午後限定のホーカーです。

ホーカー内には約90軒のストール(屋台)が所狭しと並んでいます。

営業時間は、店舗によってまちまち

ブロック90は 「ランチ~ディナー」のみの営業と書きましたが、実際の営業時間は店舗によってまちまち

ランチから営業している店もあれば、3時ごろにオープンして深夜まで営業する店もあります。

どうしても行きたい特定のストールがある場合は、営業時間の事前確認が必要です。

Whampoa Drive Block 90のストール紹介

それでは、数多くの店の中から、厳選して紹介していきます。

薬膳スープ:Simmer Soup

「Simmer Soup」薬膳スープの店です。

ナナフシ
ナナフシ

薬膳スープは、シンガポールのホーカーに行くと必ず1軒は店があるくらい、シンガポーリアンにとって身近な料理です

このSimmer Soupのメニューがこちら。

今回注文したのは、この「Tea Tree Mushroom Black Soup」です。

店の看板によるとこのスープの効能は「増免疫力」とのことで、今の時期にピッタリ。

Tea Tree Mushroomは、日本語で「柳松茸」というみたいです。

持ち帰ったTea Tree Mushroom Soup がこちら。

大きな鶏肉の塊とともに、枝のようなTea Tree Mushroomがたっぷりと入っています。

スープの味がしみたTea Tree Mushroomは、2日目のキノコごはんに入っているキノコみたいで、日本人にとってなじみのあるどこか懐かしい味です。

鶏肉はしっとり柔らかく、身が骨からするっと離れました。

一緒に注文したパンプキンライスは、日本の炊き込みご飯のような味。

味はやや薄めです。

不思議だったのは、パンプキンライスを頼んだはずなのに、かぼちゃ感はなぜかゼロ。

キャベッジライスに近かったです。

スープとライスを合わせて6.3シンガポールドル(約500円)

持ち帰り容器代はとられませんでした。

ローカル料理なのに何だかホッとする味で、胃が疲れてこってりしたローカルフードを避けたいときにもおすすめです。

女性受けもよさそうです。

ローミー:Traditional Ror Mee

次は、ローミー専門店「Traditional Ror Mee」です。

ローミーは、八角などのスパイスが効いた濃いめのとろみのあるスープが特徴の麺料理。

特徴的な風味を出す八角に、好き嫌いが分かれますが、私はローミーが好きです。

麺の上に下の写真にあるような

  • 鶏肉フライ
  • 魚フライ
  • 煮卵

などの具が小さく切られて載ります。

注文すると、店員さんが持ち帰り容器にスープだけ用意してくれましたので、自分で

  • ニンニク
  • チリ
  • パクチー

を好きなだけ入れます。

こちらが「Fried Fish &Fried Chicken Loh Mee」5シンガポールドル(約400円)です。

ローミーとしては、可もなく不可もなくで、特に特筆すべき点はありませんでした。

魚フライに骨が多くて少し食べにくかったなで、持ち帰りの方がいいかもしれません。

エッグタルト:Qinde

おやつとしておすすめなのが、こちらの「Qinde」のエッグタルト

店頭においしそうなエッグタルトが並んでいます。

<エッグタルトの価格>

  • 1個:1.5ドル(約120円)
  • 6個:8ドル(約640円)

6個買ったら、こちらの箱に詰めてもらえました。

持ち帰り袋は、軽いタッチのデザイン。

袋と箱がもう少しオシャレなデザインだったら、手土産にも使いやすいのですが、これもまたよし。

箱の中には、エッグタルトがきれいに並んでいます。

サクサク感は、最強のエッグタルトだと思っている「50 years」には若干負けるけど、レベルが高く、オススメできるおいしさです。

離乳食後期くらいの子どもにも食べさせられる優しい味で、おやつにおすすめです。

アボカドミルク

このホーカーでは、フレッシュフルーツを使ったジュースも楽しめます。

おすすめは、こちらの「アボカドミルク」2.5シンガポールドル(約200円)

飲む前に写真を撮るのを忘れたので、だいぶ飲んでしまいましたが、こちらがアボカドミルク。

アボカド半身とミルクをその場でジューサーに入れて、濃厚でクリーミーなアボカドミルクを作ってくれます。

ホーカー飯に抵抗がある方でも、指差し注文で買えるので、ハードル低めです。

2.5ドルと値段が安いので、初めてのアボカドミルクにもぜひおすすめ。

ベトナム料理:Viet Quen Vietnamese Food

様々な国の本格的な料理が楽しめるのも、シンガポールの醍醐味。

このホーカーには珍しく、ベトナム料理がありました。

こちらの生春巻き4個で6シンガポールドル(約480円)。

  • エビ
  • 豚肉
  • 野菜

が、もちっとした皮に包まれていました。

ピリ辛ソースと相まっておいしいです。

パクチーとミントを足して2で割ったような、スースーする不思議なハーブが入っていました。

こちらのBun Nem Buongは、8シンガポールドル(約640円)

写真右に入っているつくねみたいな正体不明の肉が、日本人にもよく合う味付け&ジューシーでやたらとおいしかったので満足度高め。

写真では見えませんが、白い麺の下には、野菜がたっぷり入っていてヘルシーです。

ホーカー飯としては、やや高めですが、リピ決定。

生春巻きとBun Nem Buongの両方に麺が入っていてかぶったので、どちらかにすればよかったと少し後悔。

アイスクリームサンド:屋台

こちらは、チャイナタウンなどでも見かける移動式のアイスクリーム販売です。

といっても、普通のアイスではなく、好きなアイスを食パンやウエハースに挟んでもらうタイプです。

1個1.2シンガポールドル(約100円)です。

その他の気になっている店

「Singapore Fried Hokkien Mee」は、行列ができていたので、あきらめましたがホッケンミーの人気店です。

空いているときにぜひ一度トライしたいです。

夕方からしか営業しないので注意してください。

Singapore Fried Hokkien Mee 営業時間:

  • 月~金:3:30PM – 1:30AM
  • 土、日:2:00PM – 1:30AM
  • 木曜定休

こちらのチェンドル屋にも行列ができていました。

こちらは、好きな魚を選んで、料理してもらう店です。

写真の左下に見える切り身は、エイです。

日本ではなじみのないエイですが、シンガポールではスーパーでも売っています。

フレッシュフルーツの店もありました。

食べやすいサイズにカット済みなので、パパイヤなどの南国フルーツを気軽に楽しめますよ。

トイレは有料(10セント)

このホーカーのトイレの利用は有料で、10セントかかります。

入り口横のカウンターにいる係員に支払います。

スポンサーリンク

Whampoa Food Centreへのアクセス

公共交通機関でのアクセス

<最寄りのバス停「Opp Balestier Point」または「Opp Blk 104」に停まるバス>

21, 124, 125, 130, 131, 139, 145, 186

オーチャード、ブギスなどからバス1本でアクセスできます。

<所要時間>

  • オーチャードから約20分
  • ブギスから約25分

ちなみに最寄りのMRT駅は下の2駅ですが、最寄りなだけで近くありません。

駅から歩く場合は、ちょっと気合いがいります。

  • ノベナ駅(Novena)/ 赤色ライン(North South Line)から徒歩20分
  • ブーンケン駅(Boon Keng)/紫色ライン(North East Line)から徒歩15分

車でのアクセス

都心から近いので、タクシーでさくっと移動するのもオススメです。

<所要時間>

  • オーチャードから約10分
  • ブギスから約10分

まとめ

  • Whampoa Food Centreバレスティアにある
  • Whampoa Drive Block 90は、Whampoa Food Centreの一部で、午後のみ営業
  • 営業時間は店舗によって違うので注意
  • 特におすすめなのは
    • 薬膳スープ「Tea Tree Mushroom Black Soup」
    • ベトナム料理「Bun Nem Buong」、「生春巻き」
    • Qindeの「エッグタルト」
    • アボカドミルク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました