ローミー麺が好きになる、初挑戦の方に薦めたいシンガポールのAMOY STREET LOR MEE

AMOY STREET LOR MEEシンガポール グルメ
ナナフシ
ナナフシ

ローミー」という麺料理をご存じですか?

シンガポールのローカルフードと言えば、観光的には

  • チキンライス(Chicken Rice)
  • チリクラブ(Chili Crab)
  • バクテー(Bak kut teh)

などが有名ですが、他にも数えきれないくらいおいしいローカルフードがあります。

その中でおすすめなのが、ローミー(Lor Mee)です。

八角というスパイスが効いた麺料理で、日本では食べられないので、シンガポールにお越しの際にぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか。

この記事では、初めてローミーを食べる方にもおすすめの店を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローミーとはシンガポールの麺料理

「ローミー(Lor Mee)」とは、八角などのスパイスが効いた濃いめでとろみがあるスープに、黄色い平麺が特徴の麺料理です。

具としては、

  • 白身魚のフライ
  • 煮込まれた豚肉
  • 肉巻き

が入っているのが一般的ですが、店によって少しずつ具が違います。

アモイストリート ローミー/Amoy Street Lor Mee

そんなローミーを初めて食べる、という方にもおすすめできる店が「Amoy Street Lor Mee」です。

Whampoa Food Centre にあるローミー専門店

「アモイストリート」という地名が店名に入っていますが、店の場所はアモイストリートではありません

2007年にタンジョンパガーの「Amoy Street Food Centre」からバレスティアにある「Whampoa Food Centre」に移転しました。

こちらが、Whampoa Food Centreの様子です。

まだ、ランチには少し早い11時過ぎですが、すでににぎわっています。

AMOY STREET LOR MEE の前には行列が

シンガポールのホーカーで、人気店を探すのは簡単です。

人気店には、必ずと言っていいほど行列ができています。

まだ11時すぎにもかかわらず、AMOY STREET LOR MEEの前にも、軒下からはみだすほどの行列が。

ローミーが初めての方にもオススメできるまろやかな口あたり

20分ほど並んで手に入れたローミー(魚増量)がこちら。

黄色の平麵の上に、

  • 揚げたサワラ(Fried Batang)
  • 衣付き魚フライ(Battered fish)
  • 肉巻き:ローバッ(Lor bak)/ニョヒョン(Ngoh Hiang)

が載っています。

そして、ドロッとしたあんの中には煮込まれた豚肉も。

フライやや濃い目の味付けでおいしく、平麵の食感もGood!

同じWhampoa Food Centreにある別のローミーより断然おいしいです。

あんの中に入っている辛みの利いたにんにくもいい味出してます。

店によって大きく異なるローミーの中では、まろやかで口当たりが優しいタイプで、初めてローミーを食べる方にもおすすめできます。

アモイストリート ローミーの値段

  • ローミー:3シンガポールドル(約240円)
  • ローミー(魚増量):4シンガポールドル(約320円)

  ※持ち帰り容器が必要な場合、+20セント

Amoy Street Lor Mee の営業時間

Amoy Street Lor Mee 営業時間:

  • 毎日:8時~14時

朝から昼過ぎまでしか営業していないので注意してください。

Whampoa Food Centre の他のストールも紹介

Whampoa Food Centreは大きく3つのエリア(建物)に分かれています。

この記事で紹介したAmoy Street Lor Mee は、朝食~ランチの時間帯にだけ営業する「ブロック91」のホーカー内にあります。

ブロック91のホーカーの中で、特に行列ができていた他の店を紹介します。

まずは「545 Whampoa Prawn Noodle」です。

その名のとおり、プロウンヌードルの人気店です。

次は、ヘルシースイーツの豆花仙草ゼリーの店で、こちらも行列ができていました。

「Xin Heng Feng Guo Tiao Tan」は、昼と夜で別の顔を持つ、変わった店です。

朝から昼にかけては、フィッシュボールの人気店として営業しています。

そして夜になると、ブロック91のほとんどの店が閉まり、テーブルが広く使えることを活用して、フィッシュヘッドスチームボートの人気店に変身します。

Whampoa Food Centre へのアクセス

Whampoa Food Centre は、ノベナ駅から見て北東側のバレスティアにあります。

公共交通機関でのアクセス

<最寄りのバス停「Opp Balestier Point」または「Opp Blk 104」に停まるバス>

21, 124, 125, 130, 131, 139, 145, 186

オーチャード、ブギスなどからバス1本でアクセスできます。

<所要時間>

  • オーチャードから約20分
  • ブギスから約25分

ちなみに、最寄りのMRT駅は下の2駅ですが、徒歩では少し遠いので、バス利用がよいと思います。

  • ノベナ駅(Novena)/ 赤色ライン(North South Line)から徒歩20分
  • ブーンケン駅(Boon Keng)/紫色ライン(North East Line)から徒歩15分

車でのアクセス

都心から近いので、タクシーでさくっと移動するのもオススメです

<所要時間>

  • オーチャードから約10分
  • ブギスから約10分

まとめ

  • ローミーは、シンガポールのローカルフードのひとつ
  • 八角などのスパイスが効いたとろみのあるスープに、黄色の平麵が特徴の麺料理
  • Amoy Street Lor Mee
    • バレスティアのWhampoa Food Centreにある
    • まろやかで口当たりが優しいタイプで、初めてローミーを食べる方にもおすすめ
    • ローミー3ドル、魚増量を増量すると4ドル
  • 同じホーカー内に、他にも人気店がある
    • プロウンミー
    • 豆花、仙草ゼリー
    • フィッシュボール
    • フィッシュヘッドスチームボート

コメント

タイトルとURLをコピーしました