【レビュー】コロニー@リッツカールトン シンガポールのディナービュッフェは期待以上の満足度

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールのレストラン「コロニー」の料理シンガポール グルメ

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールにあるレストラン「コロニー」ディナービュッフェを楽しんできました。

友人の特別なイベントだからと張り切って予約したコロニーのビュッフェは、期待を裏切らず、大満足でした。

ナナフシ
ナナフシ

食事はもちろん、ホテルや店内の雰囲気のよさもポイントが高かったです

この記事を読むと次のことがわかります。

  • 店の雰囲気
  • ディナービュッフェの内容
  • 感想
  • ドレスコード
  • 予約方法
リッツカールトンの宿泊予約はこちらから
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールへ

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールは、シンガポールで人気の5つ星ホテルです。

そんなリッツカールトンのディナービュッフェに行ってきました。

リッツカールトンに徒歩で行く場合は、ラッフルズアベニュー側にある入口から敷地内の緩やかな坂を登ります。

正面玄関に着きました。

他のホテルとは何か違うという風格を感じさせる、素敵なデザインのエントランスです。

中に入ると、ガラス張りの明るい空間が広がっており、宙に浮かぶ大きなオブジェが目に入ります。

非日常な空間に、ワクワク感が高まります。

ちなみに、ホテルのフロントは、この空間ではなく別の場所にあります。

夜になると雰囲気が変わり、これもまたよし。

この素敵な空間を見ていると、在住者がステイケーションとして、泊まるのにもよさそうです。

実際、ロビーで時間まで待っていると、宿泊泊客と思われる人たちが続々とコロニーの前に集まってきていました。

昼はゆったりとラグジュアリーホテルを楽しみ、夜はコロニーでブッフェなんてプランもいいですね。

レストラン コロニー(Colony) 店内の雰囲気

今回は、レストラン「コロニー」でビュッフェを楽しみます。

ホテルエントランスを入って左手に進むとコロニーが奥に見えてきます。

このホテルの建物は、どこを切り取っても絵になります。

こちらが、コロニーのエントランスです。

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールのレストラン「コロニー」
ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールのレストラン「コロニー」の入口

イギリス式のコロニアル様式のガラス天井が美しいです。

店内には、

  • 通常のテーブル席
  • 円形テーブルのボックス席
  • 角型のボックス席

など、いろいろな種類の席があります。

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールのレストラン「コロニー」の店内
ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールのレストラン「コロニー」 の店内

私たちは、円形のボックス席に案内されました。

店内は、いい意味で適度にざわついています。

トークが弾んでも大丈夫ですし、子どもを連れて行っても問題ない雰囲気です。

リッツカールトンの宿泊予約はこちらから

ディナーブュッフェの客層

私が訪問したときの客層は、

  • 子連れファミリー
  • カップル
  • 友人・同僚

と幅広く、子どもは最年少で小学校低学年くらいの子を見かけました。

子ども料金が設定されていることからも、店としては子どももウエルカムだと思います。

コロニーのディナー ビュッフェの内容

ディナーブュッフェは、曜日別に2種類あります。

この記事は、日曜~木曜に開催されているブュッフェのレポートです。

ブュッフェはオーダー方式

コロニーでのブュッフェは、以前は一般的なセルフ方式でした。

でも、コロナ禍の今は、メニューから選んでテーブルで注文する「オーダー方式」です。

実は、行く前は、セルフ式の方がいいなーと思っていました。

でも、実際にオーダー方式を体験してみると、これもありだなと感じました。

何と言っても、せわしなく席を立たずに済み、トークが弾むのがメリットです。

メニューは写真付きで親切

メニューは、テーブルにあるQRコードからアクセスします。

シンガポールでのメニューは、日本と違い写真がないことも多いですよね。

でもコロニーでは、すべてのフードメニューに写真があり、どんな料理か簡単にイメージできます。

フードメニューは全部で55種類ありました。

ビュッフェでたったの55種類?

と思われる方もいますよね。

でも、味、見た目ともにクオリティの高い料理ばかりなので、実際に行くと、種類が少ないとは感じませんでした。

55種類でも全然食べきれません。

メニューは公式サイトで見れます。

シーフード

まず一番にオーダーしたのは生ガキ

身はやや小さめですが、生ガキ最高です。

次に頼んだシーフードプラッターは、カニ、エビ、ムール貝、アサリの盛り合わせ。

このエビが、プリプリで、味噌がたっぷり。

こちらの刺身もおいしかった。

寿司

寿司は、サーモンは美味しかったです。

いなり寿司と巻き寿司は、シンガポール流の味付けでしたので、好みが分かれるところです。

メイン料理

たくさんあるメイン料理のうちのごく一部ですが、紹介していきます。

こちらは、キングプロウンのブルグル

エビのプリプリ感がたまりません。

添えられたみかんには意表をつかれました。

牛ほほ肉のブルゴーニュ風ファルファーレは、牛肉がとろけるような柔らかさです。

ローカルフード

ラクサ、チキンライスを始めとしたローカルフードもあります。

一緒に行ったローカルの友人は、ラクサやサテを楽しんでいました。

私が頼んだのは、ソフトシェルクラブのチリクラブです。

丸ごと食べられるので、手を汚してカニの殻をむく必要はありません。

チリクラブに欠かせないマントウ(パン)もついてきますので、ソースを余すことなく楽しめます。

次は、代表的なニョニャ料理のひとつ、ポピアクエ・パイ・ティ

スイーツ

スイーツは、どれも超ミニサイズなので、お腹のスペースを心配せずいろんな種類を楽しめます。

こちらはライチローズ

ストロベリーバニラヴェリーヌは、上に載っている甘酸っぱいチョコみたいな粒粒が結構好きです。

サイズはミニでも、クオリティはどれも本格的です。

こちらは、燕の巣が上に添えられたらマンゴープリン

ローカルスイーツの盛り合わせも。

こちらは、アイスクリームとシャーベット盛り合わせ

ドリンク

席に案内された直後に、水はホットかコールドのどちらがいいか聞かれました。

有料のミネラルウォーターかと一瞬思いましたが、無料の飲料水でした。

シンガポールで水が無料で出てくるのは珍しいので、ありがたいですね。

他のテーブルを見ると、ドリンクをオーダーせず水だけで済ませている人が意外と多くいました。

フレッシュジュースは、ビュッフェに含まれています。

オレンジジュース
ブュッフェに含まれているドリンク
  • フルーツジュース
    • マンゴー
    • オレンジ
    • アップル
    • パインアップル
    • ピンクグァバ
  • 食後のコーヒー、ティー

上記以外のドリンクは、別料金です。

デザートを食べ終わったころに、食後のコーヒーまたは紅茶の案内がありました。

紅茶は結構な種類の茶葉から選べました。

ポットでサーブされ、3~4杯楽しめます。

コロニーのディナービュッフェ感想

私の満足度は高く、特別なイベントにコロニーを選んで正解でした。

ホテル内はどこも格調高い雰囲気で、その空間にいるだけで、ちょっと贅沢している高揚感があります。

それでいて、コロニーの店内は決して堅苦しい感じではないので、肩ひじ張らずリラックスして食事を楽しめます。

また、オーダー方式のため、トークを中断することなくテーブルに座ったまま楽しい時間を過ごせるのもグッド。

ビュッフェですが、料理1点1点が単品として成立するクオリティなのもうれしいです。

スタッフの応対は、フレンドリーで心地よく、ディナーの場をさらに楽しいものにしてくれました。

平日夜でも満席になるのがうなづけます。

あえて難点を挙げるなら、スタッフが少ないので、オーダーしたくても、すぐに来てもらえないことがあることくらいでしょうか。

また、訪れたいレストランです。

ドレスコード

「コロニー」のドレスコード

スマートカジュアル

ホテルからの予約確認メールには、下記のように書かれていました。

Gentleman should be attired long pants with a proper shirt and covered shoes, while ladies should be attired in a dress or a blouse with pants/skirt with dressy shoes.

出典:予約確認メール

すごく簡単に言うと、

  • 男性
    • ハーフパンツ、サンダル、Tシャツは不可
  • 女性
    • ドレスまたはブラウス、パンツ、スカート
    • ドレスシューズ

です。

実際には、パーティドレスを着た女性がいる一方で、

  • Tシャツの男性
  • 近所のホーカーに行くような服装の女性

もいました。

シンガポールは、ドレスコードには比較的寛容だと思います。

でも、オシャレな服装でもまったく浮かない素敵な空間なので、キレイめな服装が無難です。

コロニーのディナー ビュッフェ 料金

今回ご紹介した ビュッフェ の内容は、日曜~木曜に行われているディナー ビュッフェ です。

日曜~木曜
  • 大人84ドル
  • 子供42ドル(6歳~12歳)

※GST、サービスチャージ別。2022年1月現在

金曜、土曜は、値段が異なります。

金、土曜(シーフードディナー)
  • 大人102ドル
  • 子供51ドル(6歳~12歳)

※GST、サービスチャージ別 。2022年1月現在

金曜、土曜の ビュッフェ は、シーフード系の料理が少し多くなります。

営業時間

ディナー ビュッフェ 営業時間

18:30~22:30

18時半より早く着いても入れません。

時間になるまでロビーで待つ必要があります。

滞在時間に制限はありませんでした。

ブッフェ予約方法

私は年始の平日に行きましたが、当日は満席でしたので、事前予約をおすすめします。

私は、2週間前に予約しました。

予約は、レストラン「コロニー」の公式サイトから簡単にできます。

イベント的な食事の場合は、目的欄にきちんと詳細を入力しておくと、考慮してもらえるかもしれません。

私たちの場合は、目的に合わせたちょっとした心遣いをいただけました。

さすがリッツカールトンです。

リッツカールトンの宿泊予約はこちらから

リッツカールトンへのアクセス

コロニーがあるザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールマリーナベイの北岸にあります。

MRTでのアクセス
  • 最寄り駅は、MRTのプロムナード駅(Promenade)
  • プロムナード駅は、サークルライン(黄色)、ダウンタウンライン(青色)が通ります
  • プロムナード駅のA出口を出て徒歩3分
タクシーでのアクセス
  • チャンギ空港からタクシーで約20分
  • 33~40ドル(約3000~3600円)

※道路状況による

コロニー まとめ

  • ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールは、シンガポールで人気の5つ星ホテル
  • レストラン「コロニー」でディナービュッフェを楽しんだ
  • 格調高い素敵な店内
  • でも、肩ひじ張らずリラックスして食事を楽しめる雰囲気
  • 現在は、オーダー方式
  • 1品1品のクオリティが高い
  • きれいめの服で行くのがベター
  • 子連れ、カップル、グループなど幅広い客層
  • 事前予約がおすすめ

非日常空間を楽しめるザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールは、ステイケーションにもおすすめです。

リッツカールトンの宿泊予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました