「海外赴任準備」特集はこちら

近くで見たい、シンガポールエアショー2020 迫力の地上展示編

シンガポールエアショー2020の地上展示の様子 シンガポール 観光

この記事は、2020年2月に開催されたエアショーの記事です

シンガポール在住のナナフシです。

シンガポールエアショー2020に行ってきました。

ナナフシ
ナナフシ

この記事では、地上展示屋内展示場の様子について書いています

シンガポールエアショー2020のメイン記事は、「シンガポールエアショー2020/飛行機好きの夢の祭典に行ってきた」をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンガポールエアショー2020会場のマップ

こちらがエアショー会場のレイアウトマップです。

会場は大きく分けると

  • 地上展示(Static Aircraft Display Area)
  • 屋内展示(Exhibition Hall)
  • デモフライト観覧スペース(Plaza)
  • VIP用商談会場(Chalets)

に分かれています。

地上展示(Static Aircraft Display Area)

屋外展示(地上展示)は、例年に比べると、新型コロナのため展示機数が圧倒的に少なかったですが、それでも私には十分見ごたえがありました。

地上展示されていた飛行機

シンガポール空軍 F-15SG イーグル

こちらは、シンガポール空軍F-15SGで、F-15Eの派生型です。

F-15は、シンガポールのナショナルデーパレード(建国記念日の式典)のときに、毎年市街地上空で展示飛行をしていますので、シンガポールではおなじみの機体です。

F-15SGは、2機展示されており、若干塗装が違いました。

シンガポール空軍 F-16C/D ファイティングファルコン

こちらのF-16C/Dシンガポール空軍の展示です。

F-16は、シンガポール空軍が最も多く保有している機種です。

機体の周囲にフェンスはあるものの、かなり近くでじっくり見れます。

シンガポール空軍機は、例年ですとコックピットを公開していることが多いのですが、今年はありませんでした。

シンガポール空軍 A330MRTT 空中給油/輸送機

次は、シンガポール空軍A330MRTT 空中給油/輸送機です。

A330MRTTは、2019年のナショナルデーパレードで、F-15SGにエスコートされながら登場し、市街地上空を通過しました。

近くから見上げると、やっぱり大きいです。