「海外赴任準備」特集はこちら

壊れたエアコンのリモコンをシンガポールで修理してみた

シンガポールでエアコンのリモコンが壊れたので修理した シンガポール 生活

シンガポール在住のナナフシです。

我が家にあるコンド備え付けのエアコンのリモコンが壊れました。

この記事は、私の経験をもとに

エアコンのリモコンが壊れたけど、どうしたらいいの?

と困っている方に向けて書きました。

  • どこでリモコンを修理できるか
  • 修理料金
  • 修理依頼時の注意点
  • 修理以外の選択肢

について、紹介していきます。

コンドのエアコンのリモコンが壊れた

我が家のエアコンリモコンが壊れました。

壊れたのは、コンドミニアムに備え付けられている三菱エアコンのリモコンです。

このエアコンは、よくある壁に取り付けられているエアコンではなく、天井の中に隠されているフリービルトイン型でちょっと特殊です。

リモコンの型番は「 W001CP R61Y23304 」です。

壊れたリモコンは、三菱電機製「W001CP R61Y23304]

このリモコンは、長年入れてあった電池が液漏れして、端子が腐食し、リモコンの電源が入らなくなってしまいました。

軽い錆程度なら、掃除で復活することもありますが、重症なので難しそうです。

メーカー純正のリモコンは高い

このエアコンはコンドの備え付けなので、オーナーの所有物です。

しかし、我が家は賃貸契約で、150ドル以下の少額修理は借主負担になっているので、このリモコンの交換も自己負担。

そこで、純正リモコンの値段をネットで調べてみると、なんと

46~135ドル(約3,680~10,800円)

たかがリモコンに高すぎる、、、

そこで、以前リモコンがたくさん売られているのを発見していたシムリムタワーへ。

シムリムタワーでリモコン修理を依頼することに

シムリムタワーとは、シンガポールの2大電気街のひとつで、かなりマニアックな玄人向けの電気街です。

そんなシムリムタワーは、カラフルな外観が特徴のこちらの建物。

シムリムタワーの外観

シムリムタワーについて詳しくは、こちらに書いています。