「海外赴任準備」特集はこちら

シンガポールでの郵便の出し方簡単4ステップを基本から解説

白い封筒を片手で持っている様子 シンガポール 生活

シンガポール在住のナナフシです。

ナナフシ
ナナフシ

この記事では、シンガポールから日本への郵便の出し方を解説しています

私の場合、日本に郵便を送るタイミングは、それほど頻繁にはないので、

  • 日本の保険の手続き
  • 日本の公的機関の手続き
  • 年賀状
  • 子どもの通信教育の添削提出

などでいざ送ろうとなったときに、毎回「どうやって宛先を書くんだっけ?」となってしまいます。

この記事では、初めての方でもわかるように、シンガポールから日本への郵便の出し方を「簡単4ステップ」で解説していきます。

これを読めば、あなたも安心してシンガポールから手紙を出せます

>関連記事:年賀状・グリーティングカード印刷でお困りならこちらの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンガポールの郵便局はSingpostと呼ばれている

シンガポールの郵便局は、Singapore Post = Singpost と呼ばれてます。

街中にある郵便局はこんな感じ。

シンガポールの郵便局Singpost

郵便局は街中のいたるところに全部で56か所あり、シンガポール市民だけでなく旅行者ももちろん利用できます。

路面店舗だけでなく、一部のショッピングモール内やチャンギ空港にもあるので便利です。

モールにある郵便局はこんな感じ。

店舗の外観、内装が日本と違ってオシャレなことが多いので、気づかず通り過ぎてしまうことも。

郵便料金:シンガポールから日本

郵便を送るときに、まず気になるのが、日本までの切手代ですよね。

国際郵便だし料金がかなり高いのでは?

と思われるかもしれませんが、シンガポールから日本への郵便は激安です。

日本にハガキまたは封書を送るときの料金一例はこちら。

料金例(日本に送る)

  • ハガキ
    • 80セント(約64円)、規定サイズ内
  • 封書
    • 1.5ドル(約120円)、20g以下かつ規定サイズ内の場合

料金例(シンガポール国内)

  • ハガキ・封書
    • 30セント(約24円)、20g以下かつ規定サイズ内(1st local)

※2023年11月現在
※料金は、重さ、サイズ、オプションによって異なります
※料金の調べ方は、ステップ2


料金は、度々改訂されてますのでご注意ください。

ところで、「封書20g以下の場合」って言われても、さっぱり重さのイメージがわかないですよね。

目安は、A4用紙2枚A4三つ折りがちょうど入るサイズの封筒(長形3号)を合わせて、合計20g弱くらいです。

<スポンサーリンク>

日本までの所要日数は?

シンガポールから日本への所要日数郵便の種類によって違います。

所要日数(日本に送る場合)

  • ハガキ:4~9日
  • 封書:4~9日

所要日数(シンガポール国内)

  • ハガキ・封書:1~2日

※2023年11月現在
※郵便の種類、オプションの有無によって変わります
※所要日数の調べ方は、ステップ2

シンガポールから日本への郵便の出し方 簡単4ステップ

それでは、具体的にシンガポールから日本に手紙出す手順を解説していきます。

  1. 宛名・差出人を書く
  2. 郵便料金と到着所要日数を調べる
  3. 切手を購入する
  4. ポストに投函する

この4ステップについて、写真を使いながら説明していきます。

「シンガポールで郵便を出すのが初めて」という方でも、簡単にシンガポールから日本に手紙を送れますよ。

では、さっそく見ていきましょう。

この記事では、PC画面を例に操作説明しています

スマホ画面の場合は、レイアウト、ボタン名称が異なる場合があります

ステップ1.宛名・住所の書き方

実は、郵便