シンガポールでの郵便の出し方簡単4ステップを基本から解説

白い封筒を片手で持っている様子シンガポール 生活

※2022年4月に切手代を更新

シンガポール在住のナナフシです。

ナナフシ
ナナフシ

この記事では、シンガポールから日本への郵便の出し方を解説しています

私の場合、日本に郵便を送るタイミングは、それほど頻繁にはないので、

  • 日本の保険の手続き
  • 日本の公的機関の手続き
  • 年賀状
  • 子どもの通信教育の添削提出

などをいざ送ろうとなると、毎回「どうやって宛先を書くんだっけ?」となってしまいます。

この記事では、初めての方でもわかるように、シンガポールから日本への郵便の出し方を「簡単4ステップ」で解説していきます。

これを読めば、あなたも安心してシンガポールから手紙を出せます

>関連記事:年賀状・グリーティングカード印刷でお困りならこちらの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンガポールの郵便局はSingpostと呼ばれている

シンガポールの郵便局は、Singapore Post = Singpost と呼ばれてます。

街中にある郵便局はこんな感じ。

シンガポールの郵便局Singpost

郵便局は街中のいたるところに全部で56か所あり、シンガポール市民だけでなく旅行者ももちろん利用できます。

路面店舗だけでなく、一部のショッピングモール内やチャンギ空港にもあるので便利です。

モールにある郵便局はこんな感じ。

店舗の外観、内装が日本と違ってオシャレなことが多いので、気づかず通り過ぎてしまうことも。

郵便料金:シンガポールから日本

郵便を送るときに、まず気になるのが、日本までの切手代ですよね。

国際郵便だし料金がかなり高いのでは?

と思われるかもしれませんが、シンガポールから日本への郵便は激安です。

日本にハガキまたは封書を送るときの料金一例はこちら。

料金例(日本に送る)

  • ハガキ
    • 80セント(約64円)、規定サイズ内
  • 封書
    • 1.5ドル(約120円)、20g以下かつ規定サイズ内の場合

料金例(シンガポール国内)

  • ハガキ・封書
    • 30セント(約24円)、20g以下かつ規定サイズ内(1st local)

※2022年7月現在
※重さ、サイズ、オプションによって異なります
※料金の調べ方は、ステップ2


料金は、度々改訂されてますのでご注意ください。

でも、「封書20g以下の場合」って言われても、さっぱりイメージがわかないですよね。

A4用紙2枚A4三つ折りがちょうど入るサイズの封筒(長形3号)を合わせて、合計20g弱くらいです。

<スポンサーリンク>

日本までの所要日数は?

シンガポールから日本への所要日数郵便の種類によって違います。

所要日数(日本に送る場合)

  • ハガキ:4~9日
  • 封書:4~9日

所要日数(シンガポール国内)

  • ハガキ・封書:1~2日

※2022年7月現在
※郵便の種類、オプションの有無によって変わります
※所要日数の調べ方は、ステップ2

シンガポールから日本への郵便の出し方 簡単4ステップ

それでは、具体的にシンガポールから日本に手紙出す手順を解説していきます。

  1. 宛名・差出人を書く
  2. 郵便料金と到着所要日数を調べる
  3. 切手を購入する
  4. ポストに投函する

この4ステップについて、写真を使いながら説明していきます。

「シンガポールで郵便を出すのが初めて」という方でも、簡単にシンガポールから日本に手紙を送れますよ。

では、さっそく見ていきましょう。

この記事では、PC画面を例に操作説明しています

スマホ画面の場合は、レイアウト、ボタン名称が異なる場合があります

ステップ1.宛名・住所の書き方

実は、郵便を出すときの一番の難所が、この宛名面、特に住所の書き方だったりします。

宛名と差出人の書き方をこちらに載せておきます。

日本に送るときの宛名面の書き方
  • 宛名
    • 日本の郵便局員が見る部分なので、日本語でOK
    • 赤字で「AIR MAIL To JAPAN」と書く
    • この書き方で毎回無事に届いてます
  • 差出人
    • 不備があったときに、差出人に戻るように英語で書く
  • 切手
    • 切手は右上に貼ります
    • 切手が大きいので、スペースを広く取っておく

ステップ2.郵便料金と到着所要日数を調べる

切手代を事前に調べなくても、郵便局の窓口や切手を買うSAMという自販機で、重さに応じた料金がわかります

郵便料金の調べ方をスキップする方は、ステップ3へジャンプ

郵便料金(切手代)、所要日数の調べ方

料金、所要日数の詳細については、公式HPで調べられます。

Singpost公式HPの「Send & Receive」をクリック。

Singpostの料金・所要日数の調べ方1

「Calculate Postage/Shipping Rates」をクリック。

Singpostの料金・所要日数の調べ方2

I am sending to *」欄で「Japan」を選択。

Singpostの料金・所要日数の調べ方3

My item weighs *」欄に送りたいアイテムの重さを入力。

重さの目安としては、

  • A4用紙2枚
  • A4三つ折りがちょうど入るサイズの封筒(長形3号)

で合計20g弱くらいです。

「Find Service」をクリックして検索。

料金と日本までの所要日数が表示されます。

Singpostの料金・所要日数の調べ方4

  • 「Delivery Time」=所要日数
  • 「Rate」=料金

ちなみに$0.70というのは70セントのことです。

ステップ3.切手を買う

切手の購入方法は、大きく次の2通りあります。

  • 郵便局の窓口で買う
  • 自動販売機(SAM)で買う

郵便局の窓口は、お客さんが少ない割にかなり待たされることがあります。

時間を節約したい方は自動販売機での購入がオススメ。

切手の自動販売機 SAM

こちらの端末が切手を買える自動販売機で、SAMと呼ばれています。

郵便局の前にあるSAM

郵便局前のほかに、主要駅ショッピングモールなど国内に300箇所もあるのでとっても便利。

対面の窓口と違い、英語トークはムリ!って方でも気軽に買えます。

切手自販機の場所、買い方

切手自販機SAMの簡単な探し方切手の買い方については、「もう迷わない!Singpost 切手の買い方、SAMの使い方」で詳しく解説しています。

切手を買ったら、あとは右上に切手を貼って投函するだけ!

ステップ4.ポストに投函する

手紙の準備ができたら、いよいよポストに投函します。

シンガポールの郵便ポストの色は赤ではない

シンガポールのポストの色は、白、メタリック、黒がメインですのであまり目立ちません。

ても、街中に800か所もあるので、きっとお近くのポストが見つかります。

例えばこんな感じの見た目です。

シンガポールのポスト

郵便ポストの場所の調べ方

ポストの場所も公式HPで調べられます。

Singpost公式HPの右端にある「Locate Us」をクリック

シンガポールでの郵便ポストの場所の調べ方1

「Posting Box」を選択し、「Find」をクリック

シンガポールでの郵便ポストの場所の調べ方2
how-to-post-singpost-mail-SAM1

下の写真のように地図上にポストの場所が表示されます。

シンガポールでの郵便ポストの場所の調べ方3

ランドマークや、MRT駅、バス停の最寄りポストを探したい場合は、検索結果の地図の情報にある「Near」の空欄に駅名などをまず入力。

シンガポールでの郵便ポストの場所の調べ方4

すると、ランドマークの候補一覧が出てきます。

希望の場所を選択後、「Find」をクリックすると調べたい場所が拡大表示されて探しやすくなります。

郵便ポストの ”Other Countries” の窓に投函したら完了

ポストを見つけたら、投函するだけですね。

ポストの窓の数

  • 2つの場合:「Other countries」の窓に投函
  • 4つの場合:「Other countries, stamped mail」の窓に投函

シンガポールでのポストへの郵便物の投函方法
<スポンサーリンク>

追跡オプションは、郵便局の窓口でのみ追加できる

「大切な手紙なので追跡確認したい」という方は、追跡オプション付で送れます。

<追跡オプション付郵便>

ハガキ、封書共通(20g以下、規定サイズ内):5ドル所要日数5~7日

注意点は、追跡サービスは郵便局の窓口でしか申し込めないことです。

郵便局の探し方

郵便局の場所もSAMと同じ要領で公式HPから調べられます。

Singpost公式HPの右端にある「Locate Us」をクリック。

シンガポールでの郵便局Singpostの場所の調べ方1

「Post Office」を選択し、「Find」をクリック。

シンガポールでの郵便ポストの場所の調べ方2

郵便局の場所が、地図上に表示されます。

シンガポールでの郵便ポストの場所の調べ方3

まとめ

シンガポールで郵便を出すときは、

  1. 宛名面を書く
  2. 郵便料金と到着所要日数を調べる
  3. SAMで切手を買う
  4. ポストに投函する

の4ステップで、初めてのあなたも、簡単に日本に郵便を送れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました