スターフルーツはどんな味?食べ頃は?南国在住者が実食レポート

黄色のスターフルーツシンガポール グルメ
ナナフシ
ナナフシ

スターフルーツがどんな味か知ってますか?

名前は知っているけど、味は想像つかないという方も多いのではないでしょうか。

日本のスーパーでもときどき売られていますので、

  • スターフルーツの味
  • 緑のスターフルーツは追熟するのか?
  • 食べ頃は?

など気になる方もいますよね。

この記事では、スターフルーツの味を、

  • 追熟度合い
  • 切り方

を変えて、3パターンで食べ比べた結果をレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スターフルーツの値段は1個50円@シンガポール

パック詰めされたまだ青い3個のスターフルーツ

シンガポールで買ったこのスターフルーツは、3個で1.96シンガポールドル=1個50円くらいです。

スターフルーツの食べ頃は?追熟する?

店で売られているのは、上の写真のようにまだ緑色のスターフルーツが多いです。

これが追熟してくると徐々に黄色になっていきます。

緑色の状態で、サラダとして食べる方もいるようです。

でも、個人的には追熟させるのがオススメです。

そこで今回は、追熟の度合いの違う3つのスターフルーツを食べ比べしました。

スターフルーツの味

スターフルーツの味について、私の個人的な感想を言ってしまうと

完熟させても、甘味以上に主張してくる特有の青臭さが気になる、、、

です。

私にとっては、ちょっと微妙な味でした。

ここからは、

  • 切り方
  • 完熟度

を変えた食べ比べ結果について、詳しくレビューしていきます。

スターフルーツの切り方は大きく2種類

スターフルーツの切り方には、

  • 見た目重視で星形に切って食べる
  • 味重視で芯を避けて食べる

の2通りあります。

今回の購入した3個はそれぞれ、下記の切り方で食べました。

  • 1個目:見た目重視で星形に切る
  • 2個目、3個目:味重視で芯を避けて切る

スターフルーツの簡単な切り方2パターンについては、「スターフルーツ」の食べ方2パターン!で詳しく書いています。

【1個目】追熟度1: スターフルーツの味

それでは、追熟度別に3段階で食べ比べていきます。

まずは、まだ早いかなーというタイミングから。

1個目のスターフルーツの色はこんな感じ

黄色だがまだ少し緑色部分が残るスターフルーツ

1個目はこんな感じの黄色になったときに食べました。

全体的に黄色にはなってきましたが、お尻の方はまだ少し緑色が残っています。

顔を近づけると、ほんのり甘い香りがします。

1個目はまだ熟していないせいか正直残念な味

橙色の皿に盛られた星形輪切りカットのスターフルーツ

こんな感じに定番の星形にカットして食べてみた感想は

  • ほのかな甘さと酸味
  • スイカの皮のような青臭さ
  • 水っぽく味は薄い
  • フルーツ感はゼロ、むしろ野菜

まずい。とまでは言いませんが、これにお金を払ってまで買う価値はないなというのが第一印象。

でも、スーパーによく並んでいるので、この味でも一定の需要はあると推測。

それとも完熟すると劇的に味が変わるのか。

そもそも、緑色のまだ青い状態でサラダとして食べる、というのも聞いたことがあるので、そのあたり今度ローカルの知人に聞いてみます。

1個目を食べた時点の、正直な感想としては、これまでに食べたトロピカルフルーツの中で、最も残念なレベルです。

スターフルーツの星形の見た目は映える

スターフルーツの良さを挙げるとすれば、今回のように輪切りにすると星形の見た目がすごく映えることです。

ライムとレモンと一緒に並ぶ星形に輪切りにされたスターフルーツ

その名の通りのきれいな星形は、盛り付けたときに他のフルーツにはない華やかさがあります。

【2個目】追熟度2: スターフルーツの味

芯の部分がおいしくないという評判もあるので、2個目は芯を取り除く切り方をチョイスしました。

スターフルーツは芯を避けて切った方がおいしいのかを検証します。

2個目のスターフルーツの色はこんな感じ

完熟に近づいたやや端が黒ずんだスターフルーツ

2個目は1個目よりも追熟するのを待ちました。

本当はもっと追熟させたかったのですが、ふちの方が枯れて黒くなってきたので、ここで実食しました。

2個目はやや熟したけど、やはり微妙な味は変わらない

やや熟した縦切りしたスターフルーツ

2個目の味はというと、1個目との差は微妙、、、。

1個目より追熟しているから甘いのかもしれないし、切り方が違うからおいしいのかもしれないし、気のせいかもしれないし、というレベルの誤差です。

芯を避けて切っても、スターフルーツっぽい青臭さはまだはっきりとしていて、劇的に味がよくなった感じはないです。

食感という点では、この切り方だと芯や種がない分食べやすいです。

試しに芯だけで食べてみると、ほかの部位に比べて、甘さがさらに少なめです。

スポンサーリンク

【3個目】完熟度MAX: スターフルーツの味

3個目は、完熟と思われる段階まで、しっかりと追熟させました。

これでスターフルーツの実力をMAXまで引き出して、スターフルーツは完熟したらおいしいフルーツになるのかを検証します。

切り方は2個目と同じで、味重視の芯を避ける切り方です。

完熟したスターフルーツは、オレンジに近い黄色に変化

完熟スターフルーツ

2個目までは黄色が濃くなる程度でしたが、ここまでくるとオレンジ色に近い色合いになってきました。

テーブルに置いていたら、近くを通るだけでわかるくらいの甘くていい香りを放っています。

完熟してもスターフルーツ特有の青臭さはそのままだった

縦切りした完熟スターフルーツ

切った見た目も今まで一番期待大!

完熟したスターフルーツはとろけるような甘さで、これまで食べたスターフルーツの味が嘘みたい、、、

と書きたいところですが、残念ながら完熟してもスターフルーツっぽい青臭さはそのまま。

でも、わずかに甘さは増した気がします。

と言っても、ベースとなる味は変わらずに、かすかな甘みの多少を競っている感じで、私のスターフルーツに対するネガティブな評価は、完熟でも結局変わらずでした。

まとめ

スターフルーツの味をまとめると、

  • ほのかな甘さと酸味
  • スイカの皮のような青臭さ
  • 水っぽく味は薄い
  • フルーツ感はゼロ、むしろ野菜

見た目が星形で、いかにもトロピカルフルーツって感じの華やかさがあるだけに、その高い期待度のまま食べると、残念度が高まります。

野菜の延長、くらいの軽い気持ちでハードルを下げて食べれば、がっかりせず済むと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました