トアパヨの無料プレグラ「センサリーパーク」でトンネル遊びをしてきた

トアパヨセンサリーパークシンガポール 生活

トアパヨで、軽く子どもを遊ばせられる無料プレグラがあるか知りたい」

という方に向けて書いた記事です。

ナナフシ
ナナフシ

先日トアパヨを探検したときに、HDBエリアにある「センサリーパーク」で遊んできました

公共のプレグラなのでもちろん無料

珍しく木陰が多めで、トアパヨを散歩するときに使い勝手がよさそうなプレグラでした。

プレグラ最寄りのランチ場所もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トアパヨ「センサリーパーク」にある 幼児向けプレグラへ

この日は、ドラゴンの遊具で有名な「ドラゴンプレイグラウンド」に行くため、トアパヨへ。

そして、その後に向かったのが、前から気になっていたトアパヨ センサリーパーク(Toa Payoh Sensory Park)」です。

センサリーパークの前には大きく「Toa Payoh Sensory Park」と描かれたオブジェ(?)が。

トアパヨセンサリーパーク入り口のロゴ

トアパヨ 「センサリーパーク」は、トンネル遊具と知育系遊具が多め

こちらがトアパヨにある「センサリーパーク」のプレグラです。

トアパヨセンサリーパークのプレグラ

このプレグラは、トンネル遊具がたくさんあります。

上から見るとこんな感じで、いくつものトンネル通具が、いろいろな方向を向いて並んでいます。

レベル的には幼児かそれ未満の子どもにぴったりな感じ。

トアパヨセンサリーパークのプレグラを上から見た写真

トンネルの中は、デコボコしていて、意外と進むのは大変です。

トアパヨセンサリーパークにあるトンネル

HDBのプレグラによくある滑り台もあります。

トアパヨセンサリーパークの滑り台
トアパヨセンサリーパークの滑り台と子どもたち

写真に撮り忘れましたが、

  • 太鼓
  • ハンドルを動かすと2台の車が壁の中を動き回る歯車を使った遊具
  • ベル
  • 伝声管
  • 床や壁に描かれた数字やアルファベット

もありました。

トアパヨセンサリーパークの伝声管

ちなみに、センサリーパークという名前から勝手に、押すと音が出たりする電子的な遊具がある公園を想像してました。

実際は、センサリー(Sensory)=感覚でした(笑)

五感を使って楽しむ公園といったイメージでしょうか。

トアパヨセンサリーパーク入り口の看板

オシャレな特注のごみ箱が公園内に。

トアパヨセンサリーパークのごみ箱

平均台、うんてい、などもある

HDBのプレグラでおなじみの健康器具(?)もあります。

トアパヨセンサリーパークの健康器具コーナー

比較的珍しかったのは、平均台とうんていです。

うちの子どもも楽しんでいました。

プレグラのすぐ隣には、鏡や音の反射を楽しむ小道も。

こちらは、パラボラ集音器の変形版でしょうか。

2枚の皿が絶妙な距離に置かれており、中央に立って話すと音が反射して不思議な感覚になります。

トアパヨセンサリーパークのパラボラ集音器
スポンサーリンク

トアパヨは、実はクイーンエリザベス2世も訪れたすごい街

ここでトアパヨの歴史について、少しだけ触れます。

トアパヨは、食の宝庫とか、超ローカルエリアというイメージの街ですが、実はすごい街なんです。

歴史は興味ないよ、という方は、スキップしてください。

センサリーパーク内の小道(パラボラ集音器があったところ)に、トアパヨの歴史を紹介するコーナーがあります。

そこには、こんな看板が。

エリザベス女王がトアパヨを訪れたことが記された看板

イギリスのエリザベス2世女王陛下が、1972年2月18日と2006年3月17日にトアパヨを訪れた

出典:トアパヨセンサリーパーク

トアパヨは、シンガポールがまだマレーシアの一部だった頃に構想がスタートしたニュータウンです。

シンガポール初自己完結型のサテライトシティとして1960年代に建設されました。

「自己完結型の街」ということで、市場、学校、店舗、コミュニティセンター、娯楽、公共施設などがこの街にすべてそろっています。

雇用創出、生活がすべてこの街で完結するように、当時最先端の考え方で作られたニュータウンでした。

参考:National Library Board

そのため、当時のトアパヨは、シンガポールの急成長を象徴する街として、海外からの来賓に積極的に紹介されました。

エリザベス女王もその一人です。

HDB Block53の屋上からトアパヨを眺め、HDB住民のお宅訪問までしたようです。

HDB Block53は、今もセンサリーパークから徒歩5分のところにあります。

トアパヨのHDB屋上から街を眺めるエリザベス2世女王陛下
出典: Photo courtesy of British High Commission Singapore.
スポンサーリンク

木陰は多め。でも暑さに注意

このセンサリーパークは、木が多く、木陰が多めです。

とは言え、直射日光が当たる場所もあるので、暑さ対策はしっかりしましょう。

トアパヨセンサリーパークのプレイグラウンド

トイレは目の前のホーカーにある

プレグラ最寄りのトイレは、目の前のホーカー「Toa Payoh Lorong 5 Food Centre」にあります。

普通ホーカーのトイレは、

  • 汚い
  • 有料のところもある

など、期待できないことが多いですよね。

でも、ここのトイレは違いました。

  • 比較的きれいで安心して使える
  • 無料

なので、全く問題なく使えます。

入り口には、この通り「無料」の貼り紙が。

トイレは最近リニューアルされたのか、このホーカー自体の雰囲気と異なり、近代的な作り。

プレグラ近くに2つのホーカーあり。ランチ、おやつもOK

センサリーパーク近くには、2つのホーカーがあります。

また、少し歩けばビャンビャン麺の名店も。

最寄りホーカー
  • Toa Payoh Lorong 5 Food Centre(プレグラの目の前
  • Toa Payoh Lorong 4Food Centre(徒歩3分)

Toa Payoh Lorong 5 Food Centre

最寄りのトイレがあるホーカーで、プレグラの目の前です。

15時から営業のホーカーですが、スイーツ、フレッシュジュース系の数店舗は、午前中から営業していました。

トイレおやつ休憩に最適です。

実は、このホーカー、お酒が好きな方にもオススメです。

夕方以降に力を入れているだけあって、サテーなど酒のつまみになるメニューも充実しており、アルコールも取り扱っています。

Toa Payoh Lorong 5 Food Centreにあるサテーの店

この日は、Ayam Penyetをテイクアウトしました。

ホーカー「Toa Payoh Lorong 5」の場所

Toa Payoh Lorong 4 Food Centre

プレグラから徒歩3分のホーカーで、こちらはランチの時間帯にも営業しています。

ホーカー「Toa Payoh Lorong 4」の場所

駅前には、ビャンビャン麺の名店も

少し歩きますが、トアパヨ駅方面に向かえば、ビャンビャン麺の名店 Biang Noodle Xi’An Famous Foodがあります。

センサリーパークから徒歩約10分です。

ビャンビャンビャン麺@トアパヨ/シンガポールのおすすめローカルフード

トアパヨ センサリーパークへの アクセス

トアパヨ(Toa Payoh)は、ノベナ(Novena)の北側に位置する街です。

車でのアクセス

車でアクセスする場合、下記2つの有料駐車場があります。

  • プレグラのすぐ東側
  • センサリーパークの西側:Toa Payoh Loron 4 Car park (Lorong 4 Toa Payoh, Block 66)

ありがたいことに、日曜と祝日の7時~22時半は駐車無料です。

MRT(電車)でのアクセス

最寄り駅は、MRTの赤色ライン(North South Line)トアパヨ駅(Toa Payoh)駅です。

駅から徒歩10分です。

まとめ

  • トアパヨセンサリーパークのプレグラは、トンネル遊具がたくさん
  • 幼児以下の子どもが特に楽しめる
  • トイレは目の前のホーカー内にある
  • ホーカー2か所が近くにあり、ランチ、おやつも安心
  • 最寄り駅は、赤色ラインの「Toa Payoh駅
  • トアパヨは、実はクイーンエリザベス2世も訪れたすごい街
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました