「海外赴任準備」特集はこちら

シンガポーリアンに有名なレトロな公園 ドラゴンプレイグラウンドで遊んできた

ドラゴンプレイグラウンド シンガポール 生活

ナナフシ
ナナフシ

シンガポールにある「ドラゴンプレイグラウンド」ってご存じですか?

「ドラゴンプレイグラウンド」は、ドラゴンをモチーフにした特徴的な遊具がある公園のことです。

このドラゴン型遊具は、シンガポール国民にとっては、古き良き時代の象徴です。

実はシンガポール土産などに意外と描かれており、皆さんも一度は目にしているはず。

そんなドラゴンプレイグラウンドが、トアパヨ(Toa Payoh)に現存していますので、遊びに行ってきました。

関連記事>>ビャンビャン麺@トアパヨ/シンガポールで地元民に愛される名店

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラゴンプレイグラウンドとは?

ドラゴンプレイグラウンド(Dragon Play Ground)」は、Mr. Khor Ean Gheeによって1970年代に設計されました。

ドラゴンをモチーフにした遊具があるプレイグラウンド(=プレグラ)です。

当時、シンガポールの文化を反映した遊び場を作ろうという時代の流れの中で、シンガポールの中華系コミュニティで見られるオリエンタルドラゴンに着想を得て設計されました。

ドラゴンプレグラはシンガポール国民に有名な公園

このドラゴンプレグラは、シンガポール国民(特に年配の人たち)にとって、今も古き良き時代を感じさせる特別な存在です。

今もシンガポールの象徴として、多いろんなところにイラストが使われています。

例えば、シンガポールの街中でこんなシンボルを目にしたことはありませんか?

上の写真は、チャイナタウンの「チャイナタウンポイント」で見つけたドラゴンプレグラのモニュメントです。

そしてこちらは、トアパヨ図書館の階段で見つけたドラゴンプレグラマーク。

シンガポール土産にも、さりげなく描かれていることが多いですよ。

現存するドラゴンプレイグラウンドは大小合わせて4か所のみ

ドラゴンプレイグラは、シンガポール各地のHDB内に建設され、その後数十年にわたって愛されてきました。

しかし、1993年以降は、安全上の理由で、海外から輸入されたプラスチック製の遊具に順次置き換わっていきました。

そのため、今では、大小合わせてたった4か所しか現存していません。

<フルサイズのドラゴン>

  • Toa Payoh Lorong 6 ←今回訪れた場所
  • Ang Mo Kio Ave 3

<シンプルで小さいミニドラゴン>

  • Toa Payoh Lorong 1
  • Pipit Road MacPherson

トアパヨのドラゴンプレイグラウンド

現存する4つのドラゴンプレグラのうち、最も有名なのが、トアパヨ(Toa Payoh)のLorong 6 にあるプレグラです。

床が砂場になっている伝統的なタイプは、もうここにしかありません。

他の3つは、ゴム製の柔らかい床に近代化改修されてしまいました。

また、このトアパヨのドラゴンプレグラは、2012年にニューヨークの文化ブログFLAVORWIREに、「世界中にある15の素晴らしい遊び場」のひとつに選ばれたことでも知られています。

広い草っ原の先にポツンとドラゴン遊具が鎮座

さっそくドラゴンプレグラを見ていきます。

最寄りの駐車場に車を止めると、お目当てのドラゴンプレグラが遠くに見えました。