「海外赴任準備」特集はこちら

セントジョンズ島へのアクセス、料金は?プチ船旅フェリー乗船レポート

シンガポールのセントジョンズ島にあるフェリー乗り場 シンガポール 観光
ナナフシ
ナナフシ

セントジョンズ島へのアクセスについて書いた記事です

高層ビルや夜景など都会的なシンガポールも魅力的ですが、シンガポールでは、のどかな時間が流れる小さな離島も楽しめます。

そんな離島が、本島からフェリーでたったの30分で行けるセントジョンズ島(St. John’s island)です。

フェリーなんてハードル高そう

と思われるかもしれませんが、行き方はとっても簡単。

ナナフシ
ナナフシ

シンガポール国内なのに手軽にプチ船旅気分が味わえます

先日、セントジョンズ、フェリーに乗って釣りに行ってきましたので、

  • フェリー乗り場へのアクセス
  • チケット購入方法
  • 船旅の様子
  • 注意事項

について、まとめています。

セントジョンズ島行きフェリーのクーポン情報

フェリーの割引チケットはオプショナルツアー販売サイトKKdayで買えます。

いまならクーポン発行中↓

5%割引クーポンコード:WBADBT

WBADBT
  • 1人2回まで利用可
  • 最低購入金額:1000円(フェリー1人分からOK)

 クーポンを使う(KKday公式)

セントジョンズ島(ラザロー島)とは?

セントジョンズ島は、シンガポールの南方6.5kmに浮かぶ離島です。

セントジョンズ島と呼ばれていますが、実は

  • セントジョンズ島
  • ラザロー島(Lazarus Island)
  • セラウガット島(Seringat Island)

がつながって、1つの島のようになっています。

※すぐにチケットを買いたい方はこちらへジャンプ

セントジョンズ島では、ピクニックや釣りを楽しめる

セントジョンズ島は、週末になると都会の喧噪から逃れて、リフレッシュしたい地元民が訪れます。

特に、コロナ禍で海外旅行ができない今ビーチリゾートとしても、改めて注目を浴びています。

セントジョンズ島でできることは、下記です。

  • 波の音を聞きながら、南国のゆったりと流れる時間を楽しむ
  • 離島の海辺を散策
  • ラザローアイランドビーチで海水浴
  • 南国の離島でのリゾートフィッシング
  • 国立海洋研究所でシンガポールの海の歴史、海洋保護について学ぶ

※国立海洋研究所は、コロナ対策のため、現在一般公開されていない可能性があります

セントジョンズ島での釣りについては、「シンガポールの離島で釣りはいかが?セントジョンズ島で日帰りリゾート気分」にまとめています。

セントジョンズ島へのフェリーはマリーナサウスピアから発着

シンガポールの離島「セントジョンズ島」への定期フェリーは、マリーナサウスピア(Marina South Pierr)から出ています

マリーナサウスピアへのアクセス

マリーナサウスピア へのアクセスは下記の通りです。

車でのアクセス
  • シンガポールの玄関口チャンギ空港からは、車で20分
  • 中心地オーチャードからは、タクシーで約15分
公共交通機関でのアクセス
  • 赤ライン(North South Line)の終点「マリーナサウスピア(Marina South Pier)駅」で下車
  • マリーナサウスピア駅からフェリー乗り場まで徒歩1分
  • MRTのオーチャード駅からマリーナサウスピア駅までは約11分
  • 最寄り駅から、フェリー乗り場までは直結なので迷わず行ける

最寄りMRT駅から マリーナサウスピア への行き方

改札を出たらMarina South Pierと書かれているB出口に向かいます