「海外赴任準備」特集はこちら

e転居を海外から延長するやり方/運転免許証があればオンラインで解決

古い赤色の郵便ポスト シンガポール 生活

※制度変更に伴い2021年12月追記

e転居を延長したいけど、海外からできるかわからない」という方はいませんか?

でも、大丈夫です。

私は、海外にいながら毎年「e転居」を申し込んでいますので、手順を書いておきます。

この記事でわかることは、下記の3点です。

  • e転居の概要
  • 海外からe転居を延長するやり方
  • 届出から転送開始までの実績日数
スポンサーリンク
スポンサーリンク

e転居とは?

e転居とは、インターネット上で、郵便物転送のための届出(転居届)を受け付けてくれる無料のサービスです。

【公式HP】郵便局「e転居」申込

旧住所あての郵便物を新住所に転送してくれる

e転居を申し込むと、旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してもらえます。

でも、海外の新住所には転送できません。

そのため、海外赴任などで海外に在住の方は、日本国内の親族の家を新住所として登録している方が多いかと思います。

有効期間は、届出から1年間

転送の有効期間は、届出日から1年間です。

転送開始希望日から1年間ではないことに注意が必要です。

自動更新されないので、1年を過ぎると届いた郵便物が差出人に返送されてしまいます。

延長する場合は、再度申し込みが必要

転送を延長(更新、継続)するためには、e転居を再度申し込む必要があります。

延長専用の申込方法はありません。

【更新情報】本人確認方法がリニューアル

2021年9月24日に本人確認方法が一新されました

新しい本人確認方法は、

  1. 運転免許証 表面撮影
  2. 運転免許証 厚み撮影
  3. 運転免許証 裏面撮影
  4. 本人顔写真撮影
  5. 本人顔動画撮影

の5ステップのみです。

これまでの手続きのハードルだった国内電話からの認証が不要になりましたので、カンタンです。

つい先日、新方式で申し込みしましたが、以前より圧倒的に楽になっていました。

【公式HP】郵便局「e転居」申込