「海外赴任準備」特集はこちら

海外赴任準備リスト3:渡航前日~1か月前にやったこと編

海外赴任準備
ナナフシ
ナナフシ

いよいよ海外赴任まで1か月を切りましたね

仕事の引継ぎや手続きなどで、かなり忙しくされているのではないでしょうか。

私の場合は、赴任直前に引継ぎのために現地に出張していたので、とてもバタバタしてました。

渡航直前の慌しい時期に、準備に抜け漏れがあるのは避けたいですよね。

この記事では前回に続いて、「本人渡航の前日~1か月前にやること」をまとめています。

赴任まであと少しです。

あせらず、着実に準備を進めていきましょう。

海外赴任される方のお役に立てればうれしいです。

前の記事>>渡航1か月前~3か月前にやったこと編

赴任準備リストの関連記事一覧

<本人の渡航準備>

  1. 赴任が決まった直後にやること編
  2. 赴任1か月前~3か月前にやること編
  3. 赴任前日~1か月前にやること編 ←この記事

<帯同家族の渡航準備>

  1. 帯同家族の渡航準備やることリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のモデルケース条件

海外赴任前準備の内容は、人によって大きく異なります。

そこで、下のようなモデルケースの場合で紹介します。

  • 赴任先 : シンガポール
  • 赴任期間:1年以上(未定)
  • 家族帯同赴任(数ヶ月遅れて渡航)

下に挙げた項目は、人によって大きく異なるので、ここでは詳細を省いています。

  • 持ち家の貸し出し、売却
  • マイカーの売却
  • 子どもの学校、幼稚園探し

海外赴任準備リスト:渡航前日~1か月前にやったこと

本人渡航の渡航前日~1か月前にやることは、こちらのアイテムです。

これらについて、順番に解説していきます。

現地の住まいの下調べ・希望条件検討

海外赴任先での家の探し方は、

  • 赴任国
  • 勤務先

によって違いますが、大きく2つのパターンです。

  • 前任者が住んでいた家を引き継ぐ
  • 自身で新たな家を探す

私の場合は後者で、会社が指定する現地の不動産エージェントを通して、予算内の物件を自分で探す方法でした。

内覧は、現地に行ってからしかできませんが、不動産サイトや現地学校のHPで渡航前に情報収集できることがあります。

  • 主な物件タイプ(コンドミニアム、一軒家)
  • エリア、間取りと家賃相場
  • 家の造り(トイレ、バスルームが複数ある、ベランダがない物件があるなど)
  • 家具付き物件の有無、備え付け家具の種類
  • 共用施設(ジム、プール、BBQピットなど)の種類
  • 子どもの学校のスクールバスが停まる物件

これをもとに、

  • 自分の予算で住めるエリア、家の間取り
  • 家のどんな条件が譲れなさそうか

などを把握できます。

事前に家族と相談したり、より的確な希望条件を不動産エージェントに伝えたりできます。

シンガポールに赴任した私は、事前にPropertyGuruという不動産情報サイトで、空き物件の内容やエリア、家賃相場を調べていました。

PropertyGuru は、シンガポール以外にも展開しており、

  • マレーシア
  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • シンガポール

の5か国の賃貸情報を調べられます。

引越し荷物仕分け

引越し荷物は、最終的に5パターンに仕分けることになります。

  • 赴任先持っていくもの
    • 渡航時に持参する
    • 航空便で送る
    • 船便で送る
  • 日本に置いておくもの
    • 国内倉庫に預ける
    • 実家に預ける

この記事では、「本人のみが先に渡航し、あとで家族が渡航する」場合を想定しているので、本人渡航時の引越し荷物の仕分けは、基本的には

  • 渡航時に持参する
  • 航空便で送る
  • 船便で送る

の3パターンです。

私の場合は、

  • 現地ですぐに必要なもの → スーツケースに入れて持参
  • すぐには不要だけど、現地での生活に必要なもの → 船便で送る

の2パターンで荷物を運んだので、航空便は使いませんでした。

引越し荷物の手続き書類準備

国内での引越しと違い、海外赴任での引越し荷物は税関手続きが必要になるため、さまざまな書類が必要となります。

<