海外赴任準備リスト3:渡航前日~1か月前にやったこと編

海外赴任準備
ナナフシ
ナナフシ

いよいよ海外赴任まで1か月を切りましたね

仕事の引継ぎや手続きなどで、かなり忙しくされているのではないでしょうか。

私の場合は、赴任直前に引継ぎのために現地に出張していたので、とてもバタバタしてました。

渡航直前の慌しい時期に、準備に抜け漏れがあるのは避けたいですよね。

この記事では前回に続いて、「本人渡航の前日~1か月前にやること」をまとめています。

赴任まであと少しです。

あせらず、着実に準備を進めていきましょう。

海外赴任される方のお役に立てればうれしいです。

前の記事>>渡航1か月前~3か月前にやったこと編

赴任準備リストの関連記事一覧

<本人の渡航準備>

  1. 赴任が決まった直後にやること編
  2. 赴任1か月前~3か月前にやること編
  3. 赴任前日~1か月前にやること編 ←この記事

<帯同家族の渡航準備>

  1. 帯同家族の渡航準備やることリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のモデルケース条件

海外赴任前準備の内容は、人によって大きく異なります。

そこで、下のようなモデルケースの場合で紹介します。

  • 赴任先 : シンガポール
  • 赴任期間:1年以上(未定)
  • 家族帯同赴任(数ヶ月遅れて渡航)

下に挙げた項目は、人によって大きく異なるので、ここでは詳細を省いています。

  • 持ち家の貸し出し、売却
  • マイカーの売却
  • 子どもの学校、幼稚園探し

海外赴任準備リスト:渡航前日~1か月前にやったこと

本人渡航の渡航前日~1か月前にやることは、こちらのアイテムです。

これらについて、順番に解説していきます。

現地の住まいの下調べ・希望条件検討

海外赴任先での家の探し方は、

  • 赴任国
  • 勤務先

によって違いますが、大きく2つのパターンです。

  • 前任者が住んでいた家を引き継ぐ
  • 自身で新たな家を探す

私の場合は後者で、会社が指定する現地の不動産エージェントを通して、予算内の物件を自分で探す方法でした。

内覧は、現地に行ってからしかできませんが、不動産サイトや現地学校のHPで渡航前に情報収集できることがあります。

  • 主な物件タイプ(コンドミニアム、一軒家)
  • エリア、間取りと家賃相場
  • 家の造り(トイレ、バスルームが複数ある、ベランダがない物件があるなど)
  • 家具付き物件の有無、備え付け家具の種類
  • 共用施設(ジム、プール、BBQピットなど)の種類
  • 子どもの学校のスクールバスが停まる物件

これをもとに、

  • 自分の予算で住めるエリア、家の間取り
  • 家のどんな条件が譲れなさそうか

などを把握できます。

事前に家族と相談したり、より的確な希望条件を不動産エージェントに伝えたりできます。

シンガポールに赴任した私は、事前にPropertyGuruという不動産情報サイトで、空き物件の内容やエリア、家賃相場を調べていました。

PropertyGuru は、シンガポール以外にも展開しており、

  • マレーシア
  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム
  • シンガポール

の5か国の賃貸情報を調べられます。

引越し荷物仕分け

引越し荷物は、最終的に5パターンに仕分けることになります。

  • 赴任先持っていくもの
    • 渡航時に持参する
    • 航空便で送る
    • 船便で送る
  • 日本に置いておくもの
    • 国内倉庫に預ける
    • 実家に預ける

この記事では、「本人のみが先に渡航し、あとで家族が渡航する」場合を想定しているので、本人渡航時の引越し荷物の仕分けは、基本的には

  • 渡航時に持参する
  • 航空便で送る
  • 船便で送る

の3パターンです。

私の場合は、

  • 現地ですぐに必要なもの → スーツケースに入れて持参
  • すぐには不要だけど、現地での生活に必要なもの → 船便で送る

の2パターンで荷物を運んだので、航空便は使いませんでした。

引越し荷物の手続き書類準備

国内での引越しと違い、海外赴任での引越し荷物は税関手続きが必要になるため、さまざまな書類が必要となります。

引越し業者に確認の上、必要書類を早めに準備しておきましょう。

一部の書類は、引越し当日ではなく、事前に提出が必要です。

シンガポールに赴任した私の場合は、

  • パスポートのコピー
  • 出国を証明する書類(Eチケットのコピー)
  • 輸送契約書
  • 宣誓書

などが必要でした。

外貨(現地通貨)の準備

赴任直後に必要な生活費には、下記のようなものがあります。

  • 食費
  • 交通費(通勤、プライベート)
  • 生活必需品の購入
  • 銀行口座開設時の最低預入額
  • 電気・ガス・水道開通時のデポジット
  • お子さんの学校の入学金・授業料・スクールバス代

※赴任国によって違いあり

会社負担の費用でも、一旦建て替えが必要なものもあり、意外と出費があります

これらの費用は、現地の銀行口座に初回給与が振り込まれるまでの間、次のいずれかで支払うことになります。

  • 日本のクレジットカード
  • 現金(現地通貨)

ここで注意すべき点は、クレジットカードが使えない支払いが結構ある点です。

現地で現金がショートするのは恐怖なので、私は「外貨宅配」を使って日本で事前に両替しておきました。

いろんな両替方法を比較して、実際に利用したのは 「外貨両替マネーバンク」 です。

  • 渡航前の忙しい時期に、自宅まで届けてくれる
  • 空港で両替するよりレートが良かった

ので、オススメです。

実際に外貨宅配を使ってわかったメリット、デメリットについては、こちらの記事に詳しく書いてます。

>>外貨マネーバンクでトラブルなく両替できた感想とデメリット

航空券発券

ナナフシ
ナナフシ

すでに赴任時のフライトを予約していると思いますが、発券はお済みですか

私は海外出張のときにですが、発券期限を過ぎ、さらに旅行会社からの発券指示の督促メールを見逃し、自動キャンセルになってしまった経験があります。

その時は、出発日が近づいていたので、当初より高い運賃で再予約することになりました。

「自動キャンセルされた上にすでに満席」という最悪の事態にならないよう、発券済みかを今一度確認しておきましょう。

異動のあいさつメール準備

赴任前の最終出勤日は、業務の引継ぎ挨拶回りなどでバタバタです。

取引先や他部署のメンバーなどに、

  • 海外へ異動する旨
  • これまでのお礼
  • 後任者
  • 今後の連絡先

を知らせる異動のあいさつメールを事前に準備しておくと、最終日に慌てなくて済むので安心です。

スポンサーリンク

転出届(住民票を抜く)

ナナフシ
ナナフシ

転出届は、税金の支払いにも影響する大切な手続きで

俗にいう、「住民票を抜く」という手続きです。

転出届が必要な人

転出届が必要な人
  • 海外赴任・海外旅行で1年以上国外に滞在する人

1年以上国外に滞在することが、転出届が必要な人の条件ですので、1年未満の短期赴任の場合は、届け出不要です。

転出届を届け出できる期間(タイミング)

転出届の届け出期間
  • 転出予定日(出国予定日)の14日前から

転出届に必要な書類

転出届に必要な書類
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • マイナンバーカード、もしくは マイナンバー通知カード
  • その他の書類(市町村によっては、必要な場合あり)

マイナンバーカードやマイナンバー通知カードが必要なのは、海外への転出にあたって、一旦マイナンバーカードなどを役所に返納するためです。

返納したマイナンバーカードは、海外から帰任し、国内への転入届を出すと復活します。

受付時間、届け出方法を事前に確認する

転出届の受付時間届け出方法は、

  • 平日のみ受付可
  • 平日+土曜日午前に受付可
  • 郵送届け出可
  • 郵送での届け出推奨

など、市町村によって対応がまちまちです。

「手続きしたい日に窓口が開いていなかった」なんてことにならないよう、お住まいの市町村のウェブサイトを事前に確認しましょう。

「海外転出の旨が記載された住民票」が必要な場合は発行してもらう

まれに、銀行などに居住性変更(海外に転出する住所変更)の届け出をするときに、「海外転出の旨が記載された住民票」の提出を求められることがあります。

私の場合は、SMBC信託銀行から「海外転出の旨が記載された住民票の写し」の提出を求められました。

必要な方は、転出届のタイミングで役所に発行してもらいましょう。

補足:e転居は全くの別の手続きなので混同に注意

引越し時の手続きには、「e転居」という雰囲気が似た手続きがありますが、全くの別物です。

e転居は、郵便物を新住所に転送してもらう手続きです。

>>e転居を海外から延長するには?

空港までの交通手段を考える&予約

海外出張と違い、海外赴任時の手荷物は多くなりがちです。

私の場合は、引越し荷物を航空便で送らない代わりに、フライト時の持ち込み手荷物の限度量一杯まで持参することにしたので、

  • スーツケース:2個
  • ボストンバック:1個
  • ビジネスバック:1個

と結構な量になりました。

これだと、自宅から最寄り駅までの徒歩移動、地下鉄・在来線移動が悪夢です。

というか無理です。

  • あなたの荷物はどれくらいの量でしょうか?
  • 空港までどうやって行きますか?
  • 大量の荷物を持って移動できるルートですか?

などを一度考えてみて、必要であれば、タクシー、高速バス、特急、新幹線などを、早めに予約しておきましょう。

関連記事>>海外赴任者が変圧器に迷ったらこれ!駐在員が愛用品をレビュー

まとめ

この記事では、「赴任前日~1か月前」にやる赴任準備をまとめました。

あとは、渡航日まで体調を整え、お気をつけて赴任してください。

赴任準備リストの関連記事一覧

<本人の渡航準備>

  1. 赴任が決まった直後にやること編
  2. 赴任1か月前~3か月前にやること編
  3. 赴任前日~1か月前にやること編 ←この記事

<帯同家族の渡航準備>

  1. 帯同家族の渡航準備やることリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました