【シムリムスクエア】シンガポールの魅惑の電気街に潜入してみた

シムリムスクエアシンガポール 生活

「シムリムスクエア」を知っていますか?

ナナフシ
ナナフシ

職場のローカルに、シムリムスクエアに行ったことある、と言うと驚かれます

それくらい、ディープなスポットという感じです。

ガジェット系、自作PCに興味があるコアな人から、スマホのアクセサリーを安く買いたいというライトな方まで、シムリムスクエアは結構楽しめます。

この記事では、そんなシムリムスクエアについて

  • 何が買えるの?
  • どんな雰囲気?
  • 気を付けることはある?

など、知っておきたい情報をまとめています。

関連記事>>【シムリムタワー】玄人向け電脳街はニッチな専門店が終結

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シムリムスクエアはシンガポールの電気街

ナナフシ
ナナフシ

シンガポールの2つある電気街のうちの1つが、「シムリムスクエア(Sim Lim Square)」です

ブギス(Bugis)とリトルインディア(Little India)の真ん中くらいにあり、観光客でも寄りやすい場所です。

日本で例えると、

  • 東京の秋葉原
  • 大阪の日本橋
  • 名古屋の大須

にあるような電器屋がビルの中に集結してます。

中国語では、「森林商業中心」と書きます。

シムリムスクエアで買えるもの

シムリムスクエアで売られているアイテムを紹介します。

スマホ関連
  • 本体
  • アクセサリー(充電器、ケーブル、ケースなど)
  • 修理(iphone, android)
パソコン関連
  • 本体
  • 周辺機器(バッテリー、プリンタ、モニタ、ストレージなど)
  • 修理(Windows, Macbookなど)
その他
  • TV Box(ネット経由で日本のテレビが観れる箱)
  • カメラ
  • 音響・放送機器

この他にも様々なアイテムが売られており、ガジェット好きな方は特に楽しめると思います。

大手の電器屋では売っていないような変換アダプターも、ここに来ればたいてい売ってます。

スポンサーリンク

魅惑の電気街、シムリムスクエアに潜入

それでは、さっそくシムリムスクエアの中の様子を紹介していきます。

シムリムスクエアの外観

まずは、シムリムスクエアの外観です。

シムリムスクエアの外観

結構立派な建物です。

電気街と言っても、街になっているわけではなく、このビルの中にたくさんの専門店が入っています。

そして、下の写真中央にある階段を上がると建物への入り口があります。

シムリムスクエアの正面階段

入り口付近はうす暗く、ちょっと怪しい雰囲気もあるので、初めてだとちょっと敷居が高いですが、大丈夫です。

迷わず入口へと進みましょう。

シムリムスクエアの入り口

シムリムスクエアの館内へ

薄暗い入り口を入ると、中は明るく、怪しい感じはありません。

こちらが1階です。

シムリムスクエアの1階

中央部は吹き抜けになっており、1階から6階までが見渡せます。

シムリムスクエアの吹き抜け

吹き抜け横にはエスカレータがありますが、下りエスカレータ(下の写真左)は私が行くと、いつも止まっています(笑)

動いている日はあるのだろうか、、、

シムリムスクエアのエスカレータ

こちらは、2階の様子です。小さな専門店がところ狭しと並んでいます。

シムリムスクエアの店内

上の写真では空いている感じですが、週末になると、下の写真のように結構にぎわっています。

シムリムスクエアの混雑した店内

以下に、シムリムスクエアに多いジャンルの店をいくつか挙げておきます。

スマホ、スマホアクセサリー、カメラ

スマホやスマホのアクセサリー、カメラの取り扱いは、1階に多めですが、他の階にもあります。

スマホのアクセサリーと言うと、

  • スマホ充電器、モバイルバッテリー
  • ケース
  • ケーブル
  • 保護ガラス

などです。

下の写真で、左手に少しだけ入り口が見えている店もスマホのアクセサリー屋です。

シムリムスクエアの1階

以前は、見かけなかったYoutuber向けの照明なんかも、最近は館内のいたるところで見かけるようになりました。

関連記事>>シンガポールでスマホを購入するならブギスへ/Red White Mobile

修理系の店(パソコン(Windows、Macbook)、スマホ(iphone、Android))、PCパーツの店

パソコン、スマホを修理してくれる店も結構多いです。

店名でわかる場合もありますが、何より店頭の一角に修理スペースがあり、何かしら修理しているので、見た目ですぐわかります。

スマホやノートパソコンのバッテリー交換や、iphoneのガラス交換ができる店もあります。

下の写真の白い看板の店もPC修理の店です。

パソコンの部品も売っていることが多いです。

シムリムスクエアでTVボックスを売っている店

TVボックス(日本のテレビが見れる箱)

日本のテレビが見れるTVボックスという商品も売っています。

専門店もありますが、店の専門分野に関係なく、店先で並べて売っている場合が多いです。

下の写真の中央やや左にあるように、店頭にテレビが並んでいるのが目印です。

シムリムスクエアでTVボックスを売っている店

テレビにTVボックスのサンプルが接続されており、そこで番組のラインナップをチェックしたり、機種の違いを比較したりできます。

放送機器

珍しい取り扱いアイテムだな、と思ったのが放送機器です。

シムリムスクエアの放送機器の店

テレビ局で見るような、画面を切り替える機器やマイクなどを売っていました。

シムリムスクエアで売られていたスイッチャー

シムリムスクエアで購入する際の注意点

東南アジアの他の国と違って、変なものを売りつけられることが少ないシンガポールですが、シムリムスクエアでは、ちょっとだけ注意が必要です。

不良品のリスクあり。必ず店頭でテストすること

職場のローカルに、シムリムスクエアに今度行くと言ったときに、まっ先に言われたのが

買ったら、すぐにその場で開封して、店で動作確認をすること

です。

もし自分にとって、この商品が不良品で、返金されなかったら嫌だなという額の場合は、絶対やってください。

ほとんどがきちんと動作する品だと思いますが、万が一、家に帰ってから不良品と気づいても、正論は通じないこともあります。

その場合は、返品・返金は難しいです。

店の方も慣れているので、買ってすぐにその場で、チェックしたいと言えば、商品によっては、開梱、接続、初期設定、動作確認までやってくれます。

実は、こんなことを人に言っておきながら、私はこれまでに2度も不良品をつかまされています(笑)

ちょっと油断して、確認を怠ったというのが大きいです。

シムリムスクエアでは、不良品をつかまされても、ネタにできる程度の値段のものを買うのが、精神衛生上よいかと思います。

値札がない場合がある。価格の比較は慎重に

商品によっては、価格が表示されておらず、言い値になっている店があります。

1つの店で判断せず、いくつかの店で価格を比較検討することをおすすめします。

向かいには、シムリムタワーという玄人向けの魔界もある

シムリムタワーの照明屋

シムリムスクエアのすぐ近くには、全く一般人にはおすすめできない、玄人向けの魔界シムリムタワー(Simlim Tower)もあります。

一般向けのシムリムスクエアと違い、シムリムタワーは、ニッチな専門店が密集している電気街です。

関連記事>>【シムリムタワー】玄人向け電脳街はニッチな専門店が終結

シムリムスクエアの飲食店

2階と地下1階に飲食店がありますので、シムリムスクエアに長居する場合は、館内で食事できます。

<シムリムスクエアの飲食店>

  • 2階: ストールが数軒(飲食店)
  • 地下1階
    • フードコート
    • サブウェイ

フードコード:地下1階

シムリムスクエアの飲食店の中でオススメなのは、地下1階のフードコートです。

店のラインナップが魅力的なことに加え、フードコートにしては珍しくアルコールも取り扱っています。

ローカルスイーツの種類も豊富なので、ちょっとした休憩にも使えます。

このフードは、次のような方に特にオススメです。

  • サクッとローカルフードを楽しみたい
  • でもホーカーは暑いので、涼しい屋内で食べたい
  • 軽くローカルスイーツを食べて休憩したい
  • 夕食にアルコールは欠かせない

単身出張者でシムリムスクエア帰りにサクッと夕食を、という方にもいいですね。

ただ、館内からフードコートへの順路は、かなりわかりにくいです。

一度外に出て、建物の南西側から直接フードコートにアクセスするほうがわかりやすいですよ。

サブウェイ:地下1階

ローカルフードに飽きてしまった人は、サブウェイで落ち着くのもありです。

サブウェイは地下1階のフードコートの隣にあります。

シムリムスクエア営業時間

営業時間:9:00~21:30

しかし、シンガポール在住の方はご存じのとおり、これはビルの営業時間です。

ビル内の各店舗は、それぞれ営業時間、営業日を独自に決めます。

そのため、上記の時間帯に必ず営業しているわけではありません。

朝早くはまだ空いていない店舗もあります。

また、日によっては、ほとんどの店が閉まっている場合もあります。

特に日曜祝日は、閉まっている店が多めな印象です。

アクセス

シムリムスクエアは、ブギスとリトルインディアのちょうど中間くらいにあり、どちらからも徒歩圏です。

在住者に限らず、観光客でも立ち寄りやすいです。

車でのアクセス

自家用車、タクシーの場合

  • オーチャード駅付近から約10分
  • チャンギ空港から約20~25分

MRTでのアクセス

MRTで行く場合、青色ライン(Downtown Line)のRochor駅の目の前にあり、駅から徒歩1分です。

シムリムスクエアのまとめ

  • シムリムスクエアは、シンガポールの電気街のひとつ
  • スマホ、PC、スマホアクセサリー、PCパーツ、TVボックスの取り扱いあり
  • スマホ、PCの修理もできる
  • ガジェット系の取り扱いも豊富
  • 高額品は、必ず店頭で開封し、動作確認すること
  • 即決せず、慎重に価格比較すること
  • シムリムスクエア地下1階、2階に飲食店あり
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました