「海外赴任準備」特集はこちら

シンガポールへのEMSで関税はいくらから?私の失敗談を公開

EMSでシンガポールに送ったらGSTを課税された シンガポール 生活
ナナフシ
ナナフシ

先日、日本からシンガポールに初めてEMSを送ったところ、課税されてしまいました

課税額は、70.15シンガポールドル(約5,610円)

気をつけて発送すれば払わずに済んだムダな出費で、精神的ダメージ大です。

これから、EMSを利用しようとしているあなたは、

  • 関税は、いくらから課税されるの?
  • 免税条件は?
  • どうしたら課税されない?

など、気になりますよね。

この記事では、私の失敗を踏まえて、EMSで失敗しないために知っておきたい下記の情報をまとめました。

  • シンガポールに送ったEMSで課税された経緯
  • 課税額の内訳
  • シンガポールへの輸入時の課税ルール(免税条件)
  • シンガポールへのEMS所要日数
  • シンガポールへのEMS送料
  • EMSの追跡方法
  • シンガポール以外の国の免税条件

ぜひ、参考にしてもらえるとうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本からシンガポールにEMSで荷物を発送した結果、関税がかかった

この記事は、2021年10月時点の情報です。

この記事執筆以降に「400ドル以下のEMSにも消費税(GST)を課税する」法案が提出され、現在審議中です(2021年10月4日現在)

法案が可決されれば2023年に税法改正される可能性があります。

出典: Straits Times

ナナフシ
ナナフシ

シンガポールは本当に生活しやすい国で、お金さえ出せば、日本のモノでもほとんど手に入れることができます

でも中には

  • 日本でしか手に入れられないもの
  • 日本で買った方が圧倒的に安いもの

もあります。

普段なら一時帰国時に調達するのですが、新型コロナの流行でここ1年以上日本に行けず、シンガポールに籠る日々。

そこで、シンガポールに住み始めてから初めて、EMSを使い日本からシンガポールに荷物を送りました。

2箱送ったのになぜか1箱しか届かない

今回日本から送ったのは段ボール2箱

発送から7日目にシンガポールの自宅に届いたのは、なぜか1箱のみ、、、

2箱目は、もしかして行方不明か?ロストバゲージ的な?

そこで、郵便局の追跡サイトで2箱目の状況をチェックすると

税関検査のため税関へ提示

ん?これは嫌な予感が。

GST(消費税)が課税されるという大失態

この嫌な予感は的中し、税関検査を終えて、翌日に届けられた2箱目には、

大きく

「GST PAYABLE (GST未払い)

の文字が、、、

課税されました。

課税されたのは、実は関税ではなく、GSTというシンガポールの消費税。

Singpostの配達員から請求されたのは、70.15シンガポールドル(約5,610円)です。

支払いは現金払いのみ、かつ配達員は釣銭を持っていません

たまたま家に小銭があったものの、なかったら釣銭なしで持っていかれます。

海外で生活していると、日本の普通が他の国でも通用しないことを日々痛感します。

2箱目は、免税条件を超えていた

今回GSTが課税されたのは、完全に私のミスが原因です

2箱目に高額アイテムが偏っており、その課税対象額はシンガポールの免税条件を超えていました。

渡された領収書がこちら。

70.15シンガポールの内訳を見ると、下記の通りでした。

  • GST(7%):60.15シンガポールドル(約4,812円)
  • 取り扱い手数料:1