「海外赴任準備」特集はこちら

ORTOの金魚すくいが斬新すぎて もはや水遊び@シンガポール

ORTOシンガポールで小魚すくい シンガポール 生活

「面白い水遊び場を探している」

「ちょっと変わった遊び場に子どもを連れて行きたい」

そんなあなたにオススメしたいのが、ORTOにある「小魚すくい」です。

小魚すくいって金魚すくいみたいなもの?

と思った方、全然違います。

シンガポールのORTOにある小魚すくいは、

  • 破れない網を使う
  • 池の中に入
  • 時間無制限

という点が、日本の金魚すくいとは違います。

もはや水遊びです。

そんなORTO小魚すくいを子どもと楽しんできたので、ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ORTOは総合レジャー施設

今回、小魚すくいをしてきたORTOは、シンガポール北部の街、イーシュン(Yishun)にあります。

どこに近いかと聞かれたら、最寄りのランドマークはシンガポール動物園でしょうか。

ORTOのメインの建物入り口

ORTOは、小魚すくい以外に、下に挙げたような様々なアクティビティも楽しめる総合レジャー施設です。

  など

ORTOの園内地図がこちら。

ORTOの地図
ORTOの園内マップ

この地図の中で、「黄色⑤」が小魚すくいです。

ORTOで水遊び魚すくい (Longkang Fishing)

ORTOの小魚すくいの看板がこちらです。

ORTOのLongkang fishing看板

「Longkang」 とはマレー語で排水の意味なので、意訳すると「用水路での魚とり」でしょうか。

Fishingとついていますが、釣るのではなく、上の絵のように網ですくいます。

魚すくいの対象年齢は「4歳~12歳」

この魚すくいの対象年齢は、ORTOにある貼り紙によると「4歳~12歳」です。

でも、実際には明らかに4歳より小さい子もいました。

年齢については結構柔軟に対応しているようです。

料金と含まれるもの

料金

12シンガポールドル/人

支払い方法

  1. Longkang Fishing入り口のカウンター(地図内黄色⑤)で、人数を伝えて支払いタグを受け取る
  2. エビ釣りコーナーの入り口にある窓口(同黄色⑥)で料金を支払い、リストバンドを受け取る
  3. Longkang Fishing入り口のカウンターに戻り、リストバンドを見せる

料金に含まれるもの

12シンガポールドルに含まれるのは、下記です。

  • 時間無制限の魚とり
  • 破れない魚取り網
  • 飼育用プラケース
  • 持ち帰り時のパッキング(酸素充填)
  • 持ち帰り袋
スポンサーリンク

いざ、魚すくい開始!

こちらが、小魚すくいの会場です。

いくつかの区画に分かれており、水深は10~20cmくらいです。

保護者が見ていれば幼稚園児も安心して遊べる深さですね。

写真にはうまく写りませんが、池の中には黒、白、銀、オレンジなど様々な色の魚がいます。

ORTOのLongkang fishingで遊ぶ子供たち
メインの池には日よけがついている

このように、池の中に入って、じゃぶじゃぶ追いかけまわしながら魚をすくいます。

実は行く前は、

  • 「魚をすくうなんてそんな簡単じゃないし、幼稚園児には難しいかな」
  • 「でも水遊び的に楽しめればいいか」

くらいに考えていました。