「海外赴任準備」特集はこちら

マンゴスチンの食べ方は?南国在住者が教える手が汚れない剥き方

半分に割られて中身が見えているマンゴスチン シンガポール グルメ

シンガポール在住のナナフシです。

ナナフシ
ナナフシ

マンゴスチン食べ方を知っていますか?

マンゴスチンは、日本ではなじみがないフルーツなので、

なんだか食べ方が難しそう、、、

って思ってしまいますよね。

でも、安心してください。

マンゴスチンは簡単に食べられます。

コツさえわかれば、固そうに見える皮を素手で簡単にむくことができますよ

この記事では、シンガポール在住の筆者が

  • マンゴスチンの食べ方
  • 食べるときの注意点
  • 選び方
  • マンゴスチンの味
  • 値段

について、詳しく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンゴスチンとは?

新鮮な複数のマンゴスチン
マンゴスチン

まずは、果物の女王と呼ばれるマンゴスチンについて、サクッと解説。

マンゴスチンは東南アジア原産のフルーツ

ナナフシ
ナナフシ

マンゴスチンは、東南アジア原産の果物です

私が住んでいるシンガポールでは、旬になると、スーパーや市場などいたるところで見かけます。

日本の果物にはない独特の甘みを持つマンゴスチンは私の好物で、シーズンが楽しみです。

シンガポールの他には、タイ、マレーシアでも、5月~7月にかけて売られています。

日本でマンゴスチンが出回るのもこのあたりの時期ですね。

マンゴスチンのサイズは?

マンゴスチンの大きさは、大小いろいろありますが、ゴルフボールとテニスボールの間くらいのサイズが一般的。

赤紫色の皮の中に真っ白な実が入っています。

皮が厚いので、実際に食べられる実の部分は、想像するよりもかなり小さいです。

マンゴスチンの食べ方

マンゴスチンの食べ方はとっても簡単です。

ナナフシ
ナナフシ

ナイフがいらず、素手で剥いてそのまま食べられます

マンゴスチンは皮から赤い汁が出ます。

赤い汁が手に付くと取れにくいので、この記事では手が汚れにくいとっておきの食べ方を紹介していきます。

ステップ1 マンゴスチンを上下から押して割る

まずはじめに、素手でマンゴスチンを割ります

皮を剥く(むく)のではなく、”割る”のがポイントです。

といっても道具はいりませんよ。

  • 手のひらで、マンゴスチンを上下から挟む
  • 強く押す(つぶす)

とパカッと果皮が割れますので、そこから指を入れて開けましょう。

手を使ったマンゴスチンの割り方

皮を割らずに、爪を使って皮をむこうとすると、皮が結構固くて苦戦します。

また、果皮の紫色の汁が爪の間や指についてしまうと、洗ってもすぐには落ちないので大変です。

剥くのではなく、割る

がポイントです。

ステップ2 中の白い実を取り出して食べる

押して割ったマンゴスチンがこちら。

皮を取り除いたら、中の真っ白な実を手やフォークで取り出して食べるだけです。