「海外赴任準備」特集はこちら

【レビュー】ダイワ腰巻ライフジャケットDF-2709って実際どう?

釣り

釣り人の必須アイテムになりつつあるライフジャケット

でも、ライフジャケットってどうやって選べばいいの?

と迷ってませんか?

釣り歴20年以上の私は、あれこれ悩んだ末、桜マーク付きの「ダイワ腰巻ライフジャケット(DF-2709)」を買いました。

そこで、この記事では、

  • なぜライフジャケットを買うことにしたのか?
  • ダイワDF-2709を選んだ理由
  • 実際の使用感、サイズ感
  • 良い点、気になる点

など、私がライフジャケットを買う前に知りたかった情報をご紹介していきます。

ダイワのライフジャケットを買ったきっかけは?

私が釣りを始めてからもう20年以上になります。

いま、なぜ買う気になったの結論を先にお伝えすると

「趣味で死にたくないから」

です。

釣りは好きですが、家族がいる身で、命がけでやることではないですからね。

釣りはあくまでも趣味です。

そこで、今回初めて買ったライフジャケットは、「ダイワ腰巻ライフジャケット(DF-2709)」です。

なぜ、長年釣りをやってきて今さら?と思われると思いますので簡単に触れたいと思います。

釣りの安全を以前より意識するようになった

シンガポールに海外赴任する前、日本で釣りをしていた頃は、漁港の堤防(柵なし)でも、ライフジャケットを着けずに普通に釣りをしていました。

でも、あるとき目にした国土交通省の調査によると、ライフジャケット未着用で海に転落した人の生存率は、

たったの27%

この確率見て正直こんなに低いの?、、、って思いました。

海に落ちても、必死に泳げば何とかなりそうなイメージだったので、ちょっと衝撃でした。

統計的には、

ライフジャケットを着用しているだけで、生存率は2倍

とのことです。

シンガポールの離島に釣りに行ったときに必要性を強く感じた

先日、私が住んでいるシンガポールにある離島、セントジョンズ島に釣りに行きました。

すると、日本ではあまり見かけない、石畳の斜面が続く釣り場が多くありました。

斜面の上から釣ろうとすると、水面まで遠く、仕掛けや魚を巻き上げるときに、石畳に引っかかります。

そのため、どうしても斜面の中ほどまで降りたくなります。

でも、どう考えても滑ったら危ないですよね。

実際、干満で一時的に潮が満ちてくる部分は、ヌルッとしていて、危ないです。

一緒に行ったローカル釣り仲間の中には、ライフジャケットを着用してるメンバーもちらほらいました。

安全への意識が、ここまで広まっていることに若干カルチャーショックです。