日本人会レストラン「どんぐり」は安定感抜群な日本食ファミレス

シンガポール日本人会にあるレストランどんぐりでランチシンガポール グルメ

シンガポール日本人会にあるレストランの1つが「どんぐり」です。

小さなお子さんから大人まで、気軽に日本クオリティの日本食を楽しめるのが、どんぐりの魅力。

  • 「どんぐり」ってどんなレストラン?
  • 価格帯は?
  • おすすめのメニューは?
  • 店内の様子は?
  • 赤ちゃん連れでも大丈夫?

など、気になる情報をシンガポール在住歴3年以上の筆者がご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「どんぐり」ってどんなレストラン?

我が家も定期的にお世話になっているレストラン「どんぐり」について、ご紹介します。

シンガポール日本人会の中にあるファミレス

ナナフシ
ナナフシ

レストラン「どんぐり」は、シンガポールの日本人会にある日本食ファミリーレストランです

いかにも和食って感じのメニューだけでなく、洋食、ラーメン、ケーキ、お子様ランチなど、日本のファミレスの王道をしっかり押さえています。

価格帯は、10~25ドル(約800~2000円)が中心で、シンガポールの日本食としてはリーズナブル。

ファミレスを名乗っていますが、子どもだけでなく、大人も納得の日本クオリティです。

そして、冷たい水、温かいお茶が無料なのはありがたい。

どんぐりは、日本人会会員しか利用できない

どんぐりは、日本人会会員とその同伴者のみが利用できます。

非会員だけでは利用できませんのでご注意ください。

私のおすすめメニュー

どんぐりには、数えきれないくらいの品数があるのですが、その中でもオススメのメニュー選りすぐってご紹介します。

  • 季節のメニューなど、時期によって取り扱っていないものもあります
  • 価格は、GST抜き表示です

うなぎ蒸しせいろ寿司&月見とろろそばセット 17ドル

そばうなぎも魅力的ですが、ここでの注目はとろろの上の生卵

シンガポールのローカルスーパーで売っている普通の卵は生で食べられないので、生卵が乗っているのはうれしいです。

海鮮たっぷり丼とおろしうどん 25ドル

海鮮丼を食べたいけど、うどんも食べたいというダブル炭水化物の欲張りな要望に応えてくれる一品です。

刺身のクオリティも安定感があります。

ロースかつ定食 17ドル

サクサクのロースカツがおいしいです。

キッズうどん 6ドル

ファミレスといえばお子様ランチですよね。

うちの子の大好物でもあります。

大人から見ると、

「他にもっとおいしそうなメニューがあるのに、、、」

と思ってしまいますが、子どもにとっては魅力的に映るようです。

ここからは、メニューの写真を使ってオススメを紹介していきます。

このカキフライもおいしいです。

シンガポールでは、カキ自体は食材として珍しくありませんが、カキフライは見かけないですよね。

こちらのねばねば丼は、納豆生卵がポイント。

シンガポールでは、とんこつラーメンが主流ですが、どんぐりでは醤油ラーメンも楽しめます。

こだわり抜いた専門店の醤油ラーメンではなく、いい意味で学食の醤油ラーメンです。

懐かしい気持ちにさせてくれます。

出汁温玉もポイント高いですね。

揚げ出し豆腐もシンガポールでは、なかなかお目にかかれないメニューです。

左の「カペリン」は、カラフトシシャモのこと。

偽ってシシャモと書かないのがとても誠実です。

シンガポールでなかなか手に入らないタコの刺身もどんぐりで楽しめます。

サーモン、マグロはシンガポールでも手に入りますが、かんぱちの刺身はレアです。

どんぐり店内の様子

それでは、ここからはどんぐりの店内の様子をご紹介していきます。

まず入り口で出迎えてくれるのが、こちらの和凧。

実際に見ると、かなりの大きさです。

この和凧の下を通って入店します。

店内の雰囲気は完全に日本で、ここがシンガポールであることを忘れてしまうくらい、落ち着く空間。

入り口を入ってすぐ右側は、プレグラとドア越しにつながっているエリアで、どちらかというと小さなお子様連れのファミリー向けの席

左側には明るい窓際にテーブル席が並んでいます。

下の写真は、店の奥の方にあるテーブル席。

少しだけプライベート感があります。

外のテラスは喫煙場所になっています。

さらに奥には個室も。

この写真のときは、新型コロナ対策で2人席に変更されていましたが、通常は4人掛けのテーブル席です。

子ども連れにも優しいレストラン

メニューにはこんなことが書いてあります。

赤ちゃん連れの会員様にもお気軽に利用していただけますよう、赤ちゃんが泣いてしまう場合も温かい目で見守ってあげてください

出典:レストラン「どんぐり」のメニューより

こんな配慮があると、赤ちゃん連れでも利用しやすいですよね。

キッズスペース(屋内プレグラ)併設

子ども図書館とどんぐりの間には、屋内プレグラ(キッズスペース)があり、どんぐりの店内から直接出入りできるようになっています。

(21年6月現在は、新型コロナ対策のためプレグラ閉鎖中)

料理が来るまでプレグラで遊んで待ったり、食後に子どもをプレグラで遊ばせて、大人はゆっくり食後のお茶を、なんてこともできます。

オムツ替えスペースが日本人会館内にあり

オムツ替えスペースは、どんぐりの外にはなりますが

  • 1階のトイレ横
  • 乳児向けプレグラ「ぴよぴよルーム」内

にあります。

レストラン どんぐりの利用方法

どんぐりは会員専用レストランなので、少しだけ利用方法が異なる点もあります。

入店時に会員証の提出が必要

入店したら、レジまたはテーブルで会員証の提出を求められるので、会員証を預けます

預けた会員証は、退店時に返却されます。

食事代金は、後日一括請求される

退店時にレジで精算しますが、現金払いクレジットカード払いはできません。

その場では領収書にサインをするだけで、後日日本人会の他施設の利用料金と合わせて、一括請求されます。

どんぐりのメニュー

  • 掲載しているメニューは2021年6月時点のものです
  • どんぐりでは、定期的にメニューが改訂されています
  • 日本人会公式サイト掲載のメニューと店舗の実際のメニューが違うこともありました
  • 最新情報は、店舗でご確認ください

月替わりメニュー

月替わりメニューは毎月変わるので、定期的に利用しても飽きさせません。

日本の季節を感じさせるメニューもあり、秋にはサンマの塩焼きが登場します。

公式サイト>>日本人会 レストランどんぐり(今月のプロモーションメニューへ)

和定食

寿司・魚・てんぷら・おつまみ

どんぶり・麺

洋食

お子様ランチ

朝食メニュー

朝食メニューは、9時~11時にだけ注文できるメニューです。

デザート

冷やしぜんざいわらび餅白玉ぜんざいが日本っぽくていいですね。

ジェラートは注文したことはないのですが、とてもおいしそうです。

ショーケースにタンジョンパガーにあるパティスリーシェフヤマシタ」のケーキが並んでいましたが、値段はわかりませんでした。

ドリンク・アルコール

ソフトドリンクドリンクバーになっています。

生ビール、角ハイボール、ハウスワイン、冷酒などのアルコール類もあります。

平日午後のハッピーアワーはお得にビール、角ハイボールを楽しめます。

アクセス

シャトルバス(オーチャードから)

オーチャードにある「Singapore Marriott Tang Plaza Hotel」から有料のシャトルバスを利用することができます。

  • 料金:片道1.5ドル

   ※6歳未満は無料

参考:シンガポール日本人会 公式サイト

※2021年6月時点の情報です

公共交通機関: 最寄りはMRTボタニックガーデン駅

シンガポール日本人会の最寄りのMRT駅は、オレンジライン(Cicle Line)と青色ライン(Downtown Line)の「ボタニックガーデンBotanic Garden)」駅です。

ジェイコブバラスチルドレンズガーデンの最寄り駅と同じです。

  • MRTのBotanic Garden駅から徒歩15分

車・タクシー

タクシー利用の場合の所要時間目安は下のとおりです。

  • オーチャード駅付近から:約10分
  • ノベナ駅付近から:約10分
  • カトン方面から:約20分

マイカーで行く方は、日本人会地下の会員駐車場無料で使えます。(IUナンバーの登録が必要)

まとめ

  • レストラン「どんぐり」は、シンガポール日本人会にある日本食ファミレス
  • 日本人会の会員とその同伴者のみが使える
  • 日本風ではなく、ちゃんとした日本クオリティの料理リーズナブルな価格で楽しめる
  • 和食、洋食、麺類、お子様ランチなど小さなお子さんから大人まで楽しめる豊富なメニュー
  • 赤ちゃん連れにも優しいレストラン
  • オーチャードからシャトルバスでアクセス可能
  • 最寄りのMRT駅「ボタニックガーデン」から徒歩15分

コメント

タイトルとURLをコピーしました