「海外赴任準備」特集はこちら

マレーヒヨケザルに遭遇/動物園では見られない珍獣は意外なところに

シンガポール動物園で見つけたマレーヒヨケザル シンガポール 生活

ヒヨケザル」ってご存じですか?

ナナフシ
ナナフシ

私は、シンガポールでヒヨケザルに初めて出会うまで、その名前を知りませんでした

名前にサルとついていますが、サルではありません。

そして、飛膜を使ってなんと100m以上も滑空できます

世界で東南アジアにしか生息していない野生のマレーヒヨケザルを、1日で合計4匹も見つけたのは、シンガポールの自然保護区内でした。

といっても登山靴を履いて、熱帯雨林をかき分けながら、、、

という場所ではなく、軽装で行ける人気のエリアです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーヒヨケザルは謎の生物

ヒヨケザル」なんて、日本にいると全く聞かない名前ですよね?

ヒヨケザルはこんな姿の動物です。

マレーヒヨケザル (出典:シンガポール国立大学

ヒヨケザルの特徴

ヒヨケザルは、

  • マレーヒヨケザル
  • フィリピンヒヨケザル

のたった2種しか世界に現存しないレアな動物です。

私が出会ったのは、「マレーヒヨケザル」で、英語では

  • Malayan Colugo
  • Makayan Flying Lemur
  • Sunda Colugo

などと呼ばれています。

名前にサルとついていますが、霊長目ではなく、ヒヨケザル目に属します。

ヒヨケザルの特徴は何と言っても、首、手、足、しっぽの間にある薄い膜(飛膜)です。

手と足の間に飛膜があるだけのムササビ、モモンガと比べると、圧倒的に飛膜面積が大きいのです。

飛膜をフル活用して、100m以上も滑空できる一方で、飛膜が邪魔で樹上でスムーズに移動できないのだとか(笑)

1度飛んでいるところを見てみたいものです。

ヒヨケザルは動物園では見れない

ヒヨケザルは飼育下では生活できないため、今時点で少なくとも日本の動物園では見られません。

(海外の動物園でもヒヨケザルの飼育情報はヒットしませんで