「海外赴任準備」特集はこちら

Bedok Jettyで何が釣れる?シンガポールの海釣り公園的スポットを紹介

Bedok Jettyで釣りをするたくさんの人々 釣り

イーストコーストパーク内にあるBedok Jetty(ベドック桟橋)で釣りができることをご存じですか?

週末朝には、シンガポールの釣り好きでにぎわう、海釣り公園的な釣り場です。

この記事では、そんなBedok Jettyについて

  • どんな場所か
  • どんな魚が釣れるのか
  • アクセス

をシンガポール在住の釣り好きがまとめています。

シンガポールで釣りができるエリア、釣り事情については、「シンガポールで釣りができるエリアは?釣り事情は?」をぜひ参考にしてください。

シンガポール半日釣りツアー情報

不慣れなシンガポールでの釣りは不安なあなたへ、ベテランガイドが初めての1匹をサポート。

  • 釣りガイドがフルサポート
  • 釣り道具、エサの準備不要
  • 釣り場探しもお任せ

釣りツアーの詳細を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンガポールの海釣り公園 Bedok Jettyの特徴

Bedok Jetty入り口にある看板
Bedok Jetty入り口にある看板

Bedok Jetty(ベドック桟橋) はイーストコーストパークにある海釣り公園スタイルの定番釣り場です。

イーストコーストパークを管理する国立公園局(National Parks Board)のウェブサイトでも紹介されており、公認です。

かつて、軍事桟橋として使われていた石とコンクリート製の桟橋には、屋根付きシェルター、石のベンチが備えられています。 (一部略)桟橋は、沖に向かって300m伸びており、ベドックジェティはシンガポールで最長の桟橋です。

出典: 国立公園局公式HP

Bedok Jettyの特徴は下記の通りです。

  • 釣り場が広い
  • 開放感があり気持ちが良い
  • 魚影が濃く、小さくてもよければ何かは釣れる
  • 柵があるので、家族連れでも安心

  • 週末は、時間帯によってかなり混雑する
  • 交通の便が悪い
スポンサーリンク

Bedok Jettyの様子

週末に行くと前日から泊まり込みで釣っている人も多く、夜明け前からすでに多くの人が準備をしています。

夜明け前のBedok Jettyと釣り人
夜明け前のBedok Jettyで準備する釣り人たち

サビキ仕掛けを売っているアンクルがいる

早朝に行くと、自作のサビキ仕掛け(Tamban hook)を売っているアンクルがいるので、いつも彼から買っています。

極小バリと、糸状の飾りでできたサビキ仕掛けで、日本から持ってきたサビキより良く釣れますよ。

関連記事>>アミエビ使わないの?シンガポールのサビキ釣りスタートガイド