「海外赴任準備」特集はこちら

実技のコツ/頑張りを結果に繋げる!機械プラント製図技能検定 2級・1級

機械プラント製図1級2級技能検定 エンジニア

シンガポール在住のエンジニア ナナフシです。

ナナフシ
ナナフシ

この記事では、機械プラント製図検定実技試験に向けて、少し意識するだけで、より合格が近づくコツを、まとめています。

私は、指導を通じてこれまで様々な解答図面を見てきました。

実は、練習を重ねてくると、皆がミスするのは同じようなポイントです。

ある程度練習を重ねてきたあなたも、もしかしたら同じかもしれません。

そこで、差がつくポイントをサクッと確認できるように、カテゴリ別に分類してまとめました

奇策ではなく、どれも当たり前のことばかりです。

気になる項目に目次からジャンプして、サッと目を通してください。

この記事は下記の方に向けて書きました。

  • これから実技試験の練習を始める方
  • 実技試験の練習を始めたけど、壁にぶち当たっていて何か突破口が欲しい方
  • 試験直前に、得点アップのためのコツを知りたい方

そんな皆さんに、この記事が少しでもお役に立てればうれしいです。

機械プラント製図 2級・1級 実技試験のコツ

私は、長年設計に携わるとともに、後輩や部下の実技試験指導で、多くの解答図面を見てきました。

ある程度練習を重ねて描けるようになってくると、ミスをするポイントは皆さん似通ってきます(笑)

この記事では、皆がつまづくポイントを、実技試験のコツとして、下記のカテゴリに分けました。

それでは、順番に説明していきます。

実技試験 事前準備・心構えのコツ

練習のコツ
  • 普段から業務で図面を書いている方も油断せず、最新JIS規格の製図ルールを一度確認する
  • 100%の完成度を目指さない

最新JIS規格の製図ルールを確認する

皆さん、過去問を入手して練習を重ねていると思いますが、解答図例と自分の解答を見比べるだけでなく、今一度、最新JIS規格の製図ルールを確認しましょう

企業で技術者をされている方は、普段の業務では、会社規定の製図ルールに従って図面を作成していると思います。

私の職場の場合、旧JIS+独自の表記が組み合わさったルールでした。

技能検定では、原則「最新のJIS規格によること」と明記されていますので会社独自のルールは考慮してくれません。

これを機に世の中の標準ルールを頭に叩き込んでおきましょう。

ミスが多く、特に注意すべきポイントは下記です。

最新JISでの製図ルールをチェックした方がよい項目
  • 穴指示(ザグリ、ねじ、管用ねじ、矢先の位置)
  • 表面粗さ(記入してもよい向き)
  • ねじ穴の作図
  • 幾何公差

私は、こちらの「JISにもとづく機械設計製図便覧」を活用して、最新JIS規格を確認しながら練習を重ねました。